‘園生活’ カテゴリーのアーカイブ

雪が ボクラを 呼んでいる♡

2017年1月16日 月曜日

真っ白雪景色!

思いがけない空からの贈り物に、園児は大喜びです。

土の色が出てしまうまで、園児はセッセと雪集め。

「きれいな雪は?」

「白い雪はどこかな?」

鋭い視線で、発見しました!…花壇の花やプランターの野菜の葉の上から、砂場のカバーや木のベンチやテーブルの上から、滑り台やドカン山の上からも…

*雪玉が出来ました⇒雪合戦が始まりました

*雪玉が二つ出来ました⇒雪だるまになりました

*雪の上をあるいてみました⇒足跡スタンプが自分の後について来ました

ア~~~、オモシロカッタ!!!

土の中から 新鮮野菜

2017年1月12日 木曜日

3学期が始まって、久しぶりに野菜畑を見てみると・・・

「わー、大きくなってるぅ」

満3歳児クラスが世話をして来たダイコンもニンジンも、冬休み前と比べるとずいぶん大きく葉を広げています。

『もういいよぉ』

収穫の時期が来ていたのです!

スポッ、ズボッ・・・

ジャブジャブジャブ・・・

「ね、食べてもいい?」

何人かの子どもが、早速食べ始めます。

がりがり…ぼりぼり…ぽりぽり…

離れた所から野菜を食べる仲間たちを見ていた子どもも、食べ始めました。

「えっ? ダイコン辛くないの?」

子どもたちが平気な顔をして、がりがり、ぼりぼり、ぽりぽり…する様子を見ていた職員も、おそるおそるカリッ。

実際に味わってみて、その職員が抱いていた先入観はすっかり消えたのでした。

「コレ、オイシイ」

幼稚園の2016年が 今日で 終わります

2016年12月28日 水曜日

ゴシゴシ~♪ ゴシゴシ~♪…年少男児が超ゴキゲンで歌いながら、タライの中で砂場の道具を洗っています。

きれいになったら、テラスに並べて乾かします。

今日のお日様はとっても働き者。あっという間に、カラッと乾いてしまいます。

 

 

 

今日は、2016年最後の預かり保育の日です。

園児は、部屋に入りたくありません、何故なら…あまりにもお日様がポカポカあったかいからです。

木片を組み合わせて作業するのも、のんびりユッタリ…

今日の献立  お気に入りNO.1

2016年12月16日 金曜日

クンクンクン…あ~いい匂い…

今日は、給食の時間が特別に待ち遠しい日です。

どうしてって?…だって、大好物ばかりの献立なんだも~ん。

「中華飯」「春巻き」「棒棒鶏」・・・もう、たまりません。

いつもより、食べるスピードが速くなっている様子。

いつもより、食欲全開になっている様子。

モリモリ食べて、丈夫な身体にな~れ!

年長 「木工活動 だ~い好き」

2016年11月30日 水曜日

木片がいっぱい入っている箱や袋を、外の物置から出してきました。

この木片は、園児の保護者や近所の材木工場や建設現場から頂いたものです。

外遊びの時間に、年長児の有志が、明日から久しぶりに再開する木工活動の準備を手伝いました。

色々な形と大きさの木片が混じり合っていたので、分類することから始めました。

おやおや、分類作業を進める手が、スピードダウンして来ましたよ。

「あ…これ、いいな」お気に入りの木片を発見して嬉しそうな年長児。

「明日、これ使って何作ろっかな~」木片を持ったまま考え事をしている年長児の姿。

「…ウン!こんなの作りたい」しばらく、木片をあれこれ並べ替えながら、ようやく考えが落ち着いた様子の年長児。

明日がとっても楽しみです。

もも組の パワフル日記 

2016年11月28日 月曜日

3歳のお誕生日の次の日から入園できる《満3歳児もも組》は、4月8日に1名が入園して以降、徐々に3歳になりたての子どもが入園して、今では20名のクラスになりました。

 

園生活に慣れて来るにつれて、やりたい事が次から次へと止めどなく出て来ます。

 

この頃は、ままごと、〇〇ごっこ、かごめかごめ…等など、一人ではできない遊びを好むようになりました。

一人ひとりの成長と共に、3歳の子ども集団の成長も感じます。

 

どの時期に入園しても、あっと言う間に仲間入りできる《満3歳児もも組》は、人間のとてもステキな一面を見せてくれています。

 

お祈り がまん 親切 お手伝い

2016年11月25日 金曜日

「え~っと、今日は、ん~っと…」

年長児が今日一日を振り返って、自分自身を調べています。

「お祈り…給食の前と後にやったし」《お祈り》の面にシールを1枚ペタッ。

「がまんは………アッ、嫌いな野菜食べたから」《がまん》の面に1枚。

「親切、トイレのサンダル並べたから」1枚、《親切》の面に。

「お手伝いは、ママに頼まれてゴミ出ししたから」と、《お手伝い》の面にも1枚。

ツリーの形の『クリスマスのお捧げもの』に、一日を振り返って「できた」らシールを貼り、「できなかった」らシールは貼りません。

子どもたちの自分に対する評価は、素直で正直です。

相談も また 楽し

2016年11月22日 火曜日

自由遊び時間の園庭で…

今日も年長男女が、ドッジボールのゲームを楽しんでいます。

おや?コートの一角にチーム毎に集合しましたよ。

何が始まるのかと思ったら、なんと!作戦会議でした。

どうやったら、相手チームのボールを取れるか? どうやったら、チームが勝利するのか?等など、真剣そのものです。

作戦会議など仲間との相談を通して、自分の意見を言う&自分の意見を聞いてくれる人がいることを喜ぶ、他者の意見に耳を傾ける&自分の意見との間に折り合いを付けようとする力を日々体得している子どもたちなのです。

ハッピーな秋を 満喫中

2016年11月16日 水曜日

登園してきた園児の目に飛び込んでくるのは、地面に舞う落ち葉。

茶色に赤、黄色の落ち葉で、園庭はまるでジュウタンのよう…

今のシーズンは、落ち葉と戯れる遊びが盛んです。

三輪車に溢れんばかりの落ち葉を載せて、《オチバ列車》が発車していきました。

黙ってしゃがんでいた女児の手には、イチョウの黄色い葉が…

輪ゴムで止めて、バラのブーケになりました。

小さい学年の園児の中には、1枚の葉を大事に大事に握ったまま遊び続ける姿も…

落ち葉で遊んでいる子どもたちから、笑顔がこぼれます。

ハッピー!

落ち葉の季節を迎えました

2016年11月9日 水曜日

風が吹く度、園庭の木々から落ち葉が舞い降ります。

木枯らしのような強い風が吹いて、全部の木が一斉にパラパラと葉を落とす様子は、『見事!』です。

今朝も、登園したばかりの年少男児が風に舞う落ち葉に見とれて、「わ~」と言った後、言葉を失って立ちすくんでいました。

掃いても掃いても降り積もる落ち葉は、子どもたちの大好きなおもちゃでもあります。

お互いに落ち葉合戦(雪合戦ではなく)をしたり、葉っぱのシャワーを掛け合ったり、落ち葉を集めてふわふわのベッドを作ったり…

いつもは一緒に遊んでいない相手でも、いつの間にか仲良くなっていたりして、自然界からの贈り物は、私たちの心を開いて、互いを結びつけてくれるようです。