‘行事’ カテゴリーのアーカイブ

お別れ会

2017年3月21日 火曜日

年長組のみんなが卒園する日が近づいてきました。

今までのように、年長さんに毎日会う事が出来なくなる…

年中組と年少組と満3歳児のみんなは、年長さんとのお別れ会を催すことにしました。

どんな事を年長さんにお話ししたいかな~?

「今まで一緒に遊んでくれて、ありがとう」

「仲よくしてくれて、ありがとう」

「優しくしてくれて、ありがとう」

・・・「ありがとう」が次から次へと出てきます。

それから、お互いに手作りした物を贈り合ったり、年長さんを拍手でお見送りしたりしました。

楽しかったけれど、ちょっぴりさびしい気持ちも味わった『お別れ会』になりました。

 

お別れ遠足

2017年3月10日 金曜日

3月10日金曜日、ちょっぴり心配なお天気だったけれど、幼稚園のみんなで『鞍ヶ池公園』まで、遠足に行ってきました。

テクテク、テクテク…たくさん歩いて行きました。

背中のリュックにはお弁当とおやつが入っているから、重たいのもなんのその。

公園に到着したら、途端にお腹がぐ~。

友だちと遊びたいし、探検にも行きたいし、動物園にも行きたいし…ワクワク♡ソワソワ♡しながら、お弁当とおやつをおいしく頂きました。

丁度その頃、フワフワお山に降った朝の雨が太陽の熱でようやく乾き、お山で遊ぶ許可が下りたのです。

昼食後、幼稚園に帰る前の短い時間だったけれど、ボヨンボヨン跳んで遊べて、子どもたちはとっても嬉しそうでした。

帰り道、ポツポツと雨粒が落ち始めました、どこかで雨宿りしなきゃならないかも…と思っているうちに雨が止み、雨雲はどこかに離れて行ってしまいました。

太陽が子どもたちに味方してくれたんですね。

 

今日は 楽しい ひなまつり

2017年3月3日 金曜日

ホールに全園児が集まって《ひなまつり》をしました。

ステージには、ひな人形とひなあられが飾られており、集まった子どもたちはステージ上に目が釘付け…

と、そこへ、何と!お内裏様とお雛様が登場、子どもたちは大喜びです。

二人は、雛人形の話をたっぷりと聞かせてくれた後、皆にひなあられを配ってくれました。

部屋に戻ると、そろそろ帰る時間になったので、自分が作ったひな人形を家に持ち帰る準備をします。

子どもたちは嬉しくて、ひな人形とひなあられをしっかり握って離しません。

しばらくの間、眺めたり持ち上げてみたりして、すっかりお気に入りの様子。

今夜は、手作りのひな人形を飾って、家族と一緒に《ひなまつり》をするのも良いですね。

楽しかったぁ~ 親子ふれあいデー

2017年2月25日 土曜日

今日は、年少・満3歳児の親子ふれあいデーでした。

事前に6つのコーナーをお知らせし、その中から親子が相談してどのコーナーに行きたいかを選んでもらっていました。

6つのコーナーは次の通り…《動くおもちゃを作って遊ぼう》《廃材で魚を作って釣りをしよう》《小麦粉粘土を作って遊ぼう》《木片や木の枝をくっつけて作ろう》《選んだ楽器でリズムを刻もう&手作り衣装を身にまとい演奏会を楽しもう》《運動遊びで心も体もリフレッシュ》。

今朝登園すると、すぐに自分が選んだコーナーに直行しましたが、「はじめまして!」「ヨロシク!」と挨拶を交わし夢中になって遊び始めると、いつの間にか、クラスや学年を超えて親しい間柄になれました。

親子でコーナー遊びをたっぷりと楽しんだ後は、クラスに分かれて自己紹介やふれ合い遊びやおやつの時間を持ちました。

短い時間でしたが、家庭で過ごすのとはひと味違った『親子の時間』になりました。

神さまのお家で 「大きくなったよ、ありがとう」

2017年2月22日 水曜日

今日は、一人ひとりが心も体も成長した事とステキな仲間でいられた事に感謝して、年少児と満3歳児が礼拝を捧げました。

神さまのお家(教会)の椅子に座ったら、神様と会ってるみたい…

司祭様があったかくて大きな手を頭にのせて祝福の祈りをすると、子どもたちはとっても大事なものを受け取った時のようにおじぎをしました。

今日も、園生活の中で「心も体も大きくなったね!」と感じる場面を見つけました。

給食が終わり、午後の遊びを楽しんでいる時間のことでした。

すやすやとお昼寝中の男児に、絵本の読み聞かせを始めようとしている女児の姿があったのです。

その女児は、もしかすると、お布団に入ってからお母さんから絵本を読んで頂いているのかもしれません。

その絵本の読み聞かせが嬉しくて、同じようにしたかったのかもしれませんね。

『マラソン大会』 ガンバリ賞 

2017年2月8日 水曜日

今日は、幼稚園の真向かいにある豊田市立市木小学校のグラウンドをお借りして、マラソン大会を行いました。

年長から満3歳児までの4学年の子どもたちは、広い広い(長い長い)トラックを学年毎に1周から3周まで走り切りました。

自分なりのペースで走り続け、ゴールを切ることが出来て、子どもたちは大満足です。

走り終えた子どもたちの首には職員手作りの金メダルが揺れて、子どもたちの表情は達成感と満足感で輝いていました。

 

ファイト!×ファイトッ!!  ファイト!×ファイトッ!!

2017年2月6日 月曜日

立春が過ぎ、暦の上では季節は春になりました。

それでも、風が吹き抜けるとブルブルッ…

思わず肩をすぼめてしまう今日この頃ですが、園庭では園児が寒さに負けないで、元気に掛け声を掛け合いながらマラソンをしています。

少し前までは、続けて走る事を楽しめない人も見られましたが、続けることによって殆んどの園児が「オモシロイ」「ヤッター」を実感できるようになりました。

沿道(?)から聞こえて来る声援にも、随分元気づけられている様子。

マラソンらしくなって来ました。

生活発表会シリーズ⑤年中さくら組『ブレーメンの音楽隊』

2017年1月31日 火曜日

皆さんお馴染みの『ブレーメンの音楽隊』のお話の世界がステージいっぱいに広がりました。

登場人物の内、子どもたちに人気だったのは、《強盗》。

それぞれが登場人物になりきって、さくら組が演じると、会場がひとつになったようでした。

 

生活発表会シリーズ④満3歳児もも組『三匹の山羊のガラガラドン』

2017年1月30日 月曜日

♪小さい山羊のガラガラドン、がたごと がたごと がったごと・・・

もも組の子どもたちが、部屋のドア近くの廊下に置いてある橋を、ことある毎に渡ります。

その橋を渡る度に、思わず歌が溢れます。

「だ~れ~だ~~~、おれさまの橋を渡るのは~」

もも組の子どもたちは何度でも繰り返し、そのやり取りが面白くて仕方ありません。

仲間と一緒に登場人物になりきって遊ぶのが、楽しくて仕方ありません。

いつもの様子が、そのまま生活発表会になったもも組でした。

生活発表会シリーズ③年中ひまわり組『エビカニクス』

2017年1月30日 月曜日

ひまわり組の園児が、海の生き物になりきって演じます。

園児たちにお馴染みの踊り「♪エビカニクス」が、楽しい創作劇になりました。

海の中で繰り広げられる生き物たちのパフォーマンスはどれも魅力的で、優劣つけがたい…

演技の中で縄跳びを取り入れ、日頃の成果も披露しました。

みんな、いつも以上に張り切って発表することが出来ました。

・・・大満足