‘2017年度’ カテゴリーのアーカイブ

年下の仲間に 愛を込めて 「卒園記念制作」

2018年2月22日 木曜日

あとひと月で、幼稚園生活を終える年長児たち。

自分たちは、ひとつ大きくなると小学校に行ってしまうけど、年中・年少・満3歳組のみんなは、幼稚園での生活が続くんだよね。

年下の仲間に、お礼と応援の気持ちを込めて、何か贈り物をしたいな…

そうだ!

お部屋で使ってる箱が傷んできているから、新しい箱がいい。

すぐに壊れてしまうことが無いように、うんと丈夫に作ろう。

みんな、喜んでくれるかな~?

 

うれしい おひなさま ③

2018年2月22日 木曜日

今日は、年中組でもおひなさま制作をしました。

制作手順の説明を聞いて「わかった!」年中児たちは、黙々と作業を始めました。

年中児は、最近、活動や生活の様々な場面で、分かる楽しさを味わっています。

今日も、理解できたことによって生まれた《落ち着き》の中で、コツコツと作業をして、自分のひな人形を完成させていました。

うれしい おひなさま ②

2018年2月22日 木曜日

年少組でもおひなさま制作真っ只中です。

一番気を使ったのが、顔の表情。

笑っているのがイイかな~?

それとも、お澄まししているのがイイかな~?

真剣に迷いながらも、自分で決めて描き上げることが出来ました。

どの年少児も、満足の行く出来栄えだったようです。

ひな人形を飾るのが楽しみです。

うれしい おひなさま

2018年2月22日 木曜日

お内裏様とお雛様、二人並んで、すまし顔…

自分の《おひなさま》を作れることが嬉しくて、満3歳児のもも組さんは、担任の説明をよく聞きながら制作活動を進めました。

そうして、完成を心から喜びました。

うれしいひなまつりになること、間違いなし!

美味しいお味噌が出来ました。

2018年2月22日 木曜日

昨年の春、年長児が蒸した大豆を根気良く潰して、桶に入れて寝かせていました。

「もういいかい?」

「モウイイヨ!」

美味しそうなお味噌の出来上がりです。

このお味噌、どうやって食べようかな…

という訳で、豚汁を作って食べることにしました。

大きな鍋に材料を入れて、まきを燃やしてグツグツグツ…

園庭にお味噌の香りが充満して、園児のオイシイ顔が並びました。

「ごちそうさまでした」

「ドウイタシマシテ!」

 

今度は、年長さんの番です

2018年2月22日 木曜日

ホールにカプラコーナーを設けました。

年長児が、ワクワクしながらやって来ました。

実は、この「カプラ」、第39回卒園児(現在の年長児の卒園式)保護者一同から園に贈られた記念の品なのです。

折角ですので、まず初めに年長児に使ってもらおうと、今日からカプラコーナーがスタート。

一人で積むより何人かで積んで、大きな作品に挑戦する姿が多く見られました。

「これ、おもしろ~い」

「カプラ、たのし~い」

とてもステキな贈り物です。

どうもありがとうございます!

子どもたちがいっぱい触って長く楽しめるように、大切に使わせて頂きます。

カプラで ナイアガラの滝が できました 

2018年2月20日 火曜日

「それでは、始めます!」

合図と共に、片隅の一つのカプラをスズキ先生が素早く抜きました。

すると、どうでしょう!

つぎつぎに、カプラがパラパラパラと軽快な音を立てて崩れて行きます。

 

一瞬、何が起こったのか分からないといった表情の子どもたち。

預かり保育の園児が見守る中、カプラで出来たナイアガラの滝は、見事に流れて行ったのでした。

 

とうとう全部が崩れてしまい・・・

思わず、拍手が沸き起こります。

これは、今日の午後、カプラと初めて出会った保育者のために開いた《カプラ講習会》の一場面。

カプラの魅力を少し知ることが出来たので、これから先、子どもたちと共にいっぱいカプラで遊んで、心動かす時間を楽しみたいと思っています。

 

幼稚園のみんな、間もなくカプラがお目見えしますよ~

年長児が ベルマークを送りました

2018年2月20日 火曜日

ここは、幼稚園から一番近い『市木郵便局』です。

お当番の年長児が、大きな封筒に入れたベルマークをアフリカの仲間たちの給食を買うお金に替えてもらう為に、郵便で送るのです。

年長になった春から、幼稚園の皆や家族の人に協力してもらって、コツコツと集め、ベルマーク番号ごとに分類して、ようやく送る日を迎えました。

カウンターでは、郵便局長さんが大きな封筒を受け取って、「ちゃんと送るから安心してね」と言ってくれました。

ヨロシクオネガイシマ~ス!

春の日差しに包まれた『西の庭』で・・・

2018年2月20日 火曜日

黄緑色の帽子の年少児も、黄色の帽子の年中児も、西の庭で遊ぶのがだ~い好き。

今日も、鉄棒に雲梯に、そして、坂道に…沢山のチャレンジャーが集まって来ました。

 

小さな庭ですが、子どもたちの歓声がいつも響いている、魅力あふれるステキな庭なのです。

絵本を味わうひととき

2018年2月20日 火曜日

給食の後の年少組のお部屋をのぞいて見ました。

何だか静か…

誰も居ないのかな?

いえいえ、ちゃ~んと居ますよ。

見たい絵本を選んで、ページをめくったところ。

文字は読めなくても、絵から読み取るストーリーで十分楽しめるのです。