‘園生活’ カテゴリーのアーカイブ

クリスマスをお祝いする準備ー1

2018年11月30日 金曜日

帰りの会の時間になりました。

赤ちゃんイエスさまにプレゼントする「ツリーの形のお捧げもの」を開き、年中児がシールを貼っています。

『お祈り』『がまん』『しんせつ』…ちょっぴり考えるような様子で手を止め、その後でシールを貼る人もいれば、貼らない人もいます。

自分なりに「できたかな?できなかったかな?」と、調べることができました。

こうして、子どもたち一人ひとりの心からのクリスマスプレゼントが準備されているのです。

園庭でのブーム

2018年11月27日 火曜日

園庭で毎日のように繰り広げられていることを2つご紹介しましょう。

1つ目は、なわとび。

主に跳んでいるのは、年長児と年中児です。

毎日、誰かの上達が発見できるのです。

自分のペースをつかめて、リズミカルに跳び続けられるようになり、記録更新に挑む姿があります。

一方で、なかなか縄を跳び越せなかったり回し続けられなかったりして、何度も引っ掛かりながらも、あきらめないで飛ぼうとしている姿もあります。(感動!)

 

2つ目は、カキの実の収穫と食べること、種を土に埋めること。

西の庭のカキの木は非常にたくさんの実をつけて、園児と野鳥を喜ばせてくれました。

でも、そろそろ収穫も終わりそうです。

カキの木へ…たくさんの美味しい実をプレゼントしてくれて、本当にありがとう。

ごくろうさまでした。

クリスマスを 楽しみに・・・

2018年11月27日 火曜日

アドベントの季節を迎えて、幼稚園のあちらこちらで日々、飾り付けが増えてきました。

お部屋の出入り口のドアの上を見ると、アドベントクランツや緑と赤のクリスマスカラーの輪飾りが。

ロッカーの上には、園児ひとりにつき1本のツリーが飾られています。

このツリーは、アドベントの期間中、『お祈り』『がまん』『しんせつ』『お手伝い』をして、それをイエスさまへの贈り物にしようと、シールを貼って飾り付けていくのです。

だんだんクリスマスの飾りが増えて、にぎやかになっていく様子に、子どもたちのクリスマスを待つ気持ちはさらに膨らんでいくようです。

一緒に遊ぶの タノシイ

2018年11月22日 木曜日

2学期も後半になり、子どもたち同士のかかわりが更に活発になっています。

ひとりで遊ぶ満足感もありますが、誰かと一緒に遊ぶ満足感もたくさん味わっています。

ここは、年少組のお部屋。

同じことをするのが面白くて、なんでもまねっこして遊ぶ姿が見られます。

役割分担して、以前より遊びが継続している様子が見られます。

次第に互いを分かり合って、親しさが増してきたようです。

これからも様々なかかわりを通して、良い仲間になっていくことでしょう。(楽しみ)

ようちえんのカキ 甘くておいしい!

2018年11月2日 金曜日

園庭のカキの木に、鈴なりに実がつきました。

おいしそうに色づいて、枝が折れそうになっています。

 

「もう いいよー」

カキの木が子どもたちを誘います。

 

枝からカキの実をもいで、早速ご馳走になることにしました。

皮をむくと、甘い匂いが周りに広がります。

 

あっという間に、子どもたちが集まってきました。

 

皮をむいて半分に切ると、歓声が上がります。

「あっ、種入ってる」

 

 

子どもたちは、待ってましたとばかりにカキに手を伸ばします。

甘いカキに、思わず笑顔・・・

 

「おいしい!」

「おいしいね」

あちらこちらから聞こえてきます。

 

食べた後には、種をしっかりと握り、ある子どもはカバンの中に、またある子どもは土に穴を掘って埋めました。

 

芽が出るといいな・・・

子どもたちの期待は膨らむばかりです。

園庭のカキが実りました。

2018年10月12日 金曜日

西の園庭にある「カキの木」が実をつけました。

実の数があまりにも沢山だったので、重みに耐えかねて枝が折れてしまいました。

枝から実をもいで、味見をしました。

美味しかったです。

こどもは動きながら学んでいます ~つまむ~

2018年10月1日 月曜日

何度も繰り返し回すコマ。

いつの間にか指先に力が付き、更に速く回せるように工夫も可能に。

遊びだけではありません。

床にこぼれたものを指先でつまんで拾う年少児の様子からも、しっかりと指先に力がついてきているのを感じます。

つまむ時に活躍する親指・人差し指・中指は、脳に直結していると言われます。

使う機会にたくさん恵まれますように…

待っていました!おまかせください

2018年9月24日 月曜日

「おとうばんさん」という響きに、魅力を感じ続けてきた年少児ですが、2学期から順番で自分にもお当番が来ることになりました。

不思議なことに、当番バッジを肩につけた途端、がんばれそうな気持になるようです。

ひとりで頑張るのではなく、同じ組の2人のお当番さんが力を合わせます。

 

毎日、幼稚園では、ドキドキワクワクの表情のお当番さんが、誇らしげに働いてくれています。

ようこそ!新しい家族

2018年9月24日 月曜日

年長児の教材絵本は、かがくの本。

毎月テーマがあり、「まゆ」を取り上げた月がありました。

興味津々で、何度も自分の絵本をロッカーから取り出し、ページをめくってはふむふむ・・・

年長児のかがくするパワーは絵本にとどまらず、実際に飼いたいという声が上がり始めました。

こうしてやってきたのが、新しい家族「かいこ」たちです。

 

毎日、当番の年長児が慎重にえさをやります。

神秘的な自然の営みに、出遭う日を楽しみにしつつ…

久しぶり~

2018年9月4日 火曜日

西の園庭につながる門が開きました。

待ってましたとばかりに、子どもたちが駆け下りていきました。

わ~、久しぶり~

砂場の道具を手に、一気に砂場が満員状態に…

砂の感触は、子どもたちをホッとさせてくれるようです。

砂場へ、2学期もヨロシク!