‘活動’ カテゴリーのアーカイブ

クリスマスをお祝いする準備ー4

2018年12月4日 火曜日

膨らませた風船に、みずのりを塗った紙をペタペタペタ・・・

年少児が、張り子の卵を制作中です。

ページェントの一場面に登場する卵なのです。

当日、劇中で見つけていただけましたら幸い!

コツコツコツ・・・ 「手」が大活躍

2018年11月29日 木曜日

 

屋外でのダイナミックな遊びが大好き。

一方で、室内でコツコツと手作業するのも大好き。

子どもたちの園生活には、手を使う場面がたくさんありますね。

 

夢中で機織り(ポシェット作り)をしている年長児の手元を、すぐ近くで見ている年少児や満3歳児の姿がありました。

自分がしていなくても、他の人がしていることの魅力をいっぱい感じながら見ているのでしょう。

じっくり見ていた年少児や満3歳児にとって、見ていたことがやがて『とってもやりたいこと』へと変化していくのが楽しみですね。

お気に入りの『入山公園』

2018年11月29日 木曜日

園舎改築工事が始まってから、早いもので1年3ヶ月が過ぎようとしています。

本格的に改築工事が始まる前から、園庭はどんどん狭くなっていましたので、子どもたちが思いっきり遊べる場所が欲しいと思っていました。

その頃から、地域の皆さんのご厚情により《子どもの足で、5分余り》の場所にある『入山公園』が、園庭の代わりになってくれています。

入山公園で遊んでいる最中に、そろそろ園に戻りましょうと合図をすると、どの園児も残念がるほど入山公園は子どもたちにとって居心地の良い場所になりました。

心から感謝しています。

レゴブロックでのブーム

2018年11月29日 木曜日

レゴブロックは、子どもたちに大人気のオモチャです。

思い思いに作りたい形が出来るのが面白くて、長い時間取り組んでいる姿がよく見られます。

乗り物や建物、それに、クルクル良く回るコマを作ってきました。

 

近頃は、何かに似せて作るのがブーム。

皆さんには、これらの作品が何に見えますか?

その通り!

ミッキーとミニーです‼

見事な出来栄えでしょう?

他にも、コアラなど動物たちも完成しました。

このように、そっくりさんを作って楽しんでいる子どもたちです。

 

クリスマスカードを制作中

2018年11月22日 木曜日

クリスマスには、園児とお家の方がともに集い、祝会を開きます。

祝会の第1部がクリスマス礼拝、第2部がクリスマスページェントです。

クリスマス祝会へのご案内は、手作りのクリスマスカードです。

学年ごとにデザインが異なり、一人ひとりの個性が生きた、味わい深い作品に仕上がりました。

保護者の皆さん、どうぞお楽しみに・・・

毛糸の季節になりました

2018年11月10日 土曜日

ここは、年長組の部屋。

朝の自由遊びの時間の風景です。

秋も深まり、機織りのシーズンが始まりました。

年長児は、待ってましたとばかりに取り組んでいます。

コツコツと横糸を通し、織れた部分が次第に増えてくる様子に喜びを感じている様子。

「長くなったら、ポシェット作るんだ」

目標があるから、根気よく続けられるのですね。

雨上がり… やっぱり大好き

2018年11月10日 土曜日

園舎改築工事に伴い、とっても小さな園庭になっています。

が・・・

雨上がりの園庭は、子どもたちにとって特別!魅力的になります。

水たまりがあると最高です。

土砂降りの雨が残してくれたのは、豊富な泥んこ。

ぬるぬる…にゅるにゅる…

つかみどころのない感覚が、これまた楽しい。

やがて、泥だんごができる硬さの泥んこがあることに気付いて、コロコロ、コネコネ…

満足しました。

自然観察の森で 季節を感じる 

2018年11月2日 金曜日

年長児が、園から徒歩5分の場所にある「豊田市自然観察の森」へ、季節を五感で感じてみようと探検に出かけました。

 

森の中では、何が出てくるかわかりませんから、十分気をつけながら、グループごとに進んで行きます。

 

おや…⁉

子どもたちが黙ったまましゃがんで、じっとしています。

どうしたのでしょうか…

なんと、蜂を発見して 、身を守る姿勢をとっていたのでした。

 

道が二つに分かれているところでは、メンバーと相談して、進んで行く道を選びました。

 

やがて、坂を上ると視界が開け、遠くまで見える展望台に到着。

 

その後、探検隊発見無事、園に帰ることができました。

大満足!

 

今日、楽しかった~!

2018年10月17日 水曜日

秋のある日のこと(10月16日火曜日)、年中児が幼稚園バスに乗って、鞍ヶ池公園に出かけました。

久しぶりのドライブに、バスの中では心も声も弾む子どもたち。

鞍ヶ池公園の駐車場でバスから降りると、かわいい動物たちの姿が…思わず駆け寄って、動物をじっと見つめます。

子どもたちと動物たちは無言ながらも、あったか~いコミュニケーションを交わしていました。

動物たちとお別れして、今度は屋内の遊び場へ。

年中児貸し切り状態で、思いっきり遊ばせてもらうことができました。

ラッキー!

 

 

幼稚園での一日を終え、降園時間になりました。

迎えに来た母親と手をつなぎ、幼稚園の門を通り過ぎていく年中児の中に、「今日、楽しかった!」の弾んだ声と笑顔がありました。

鞍ヶ池公園で過ごした時間と幼稚園バスに乗ったことを、一所懸命母親に話している姿から、その年中児にとって心も体も満たされた一日になったんだな~と、嬉しくなりました。

 

 

遊びを通して 育っているもの

2018年10月16日 火曜日

登園が始まりました。

家庭から幼稚園へ…家族と過ごす時間から仲間と過ごす時間へ…。

子どもたちは場所を移動しつつ、切り替えのひと時を過ごしています。

ある子どもは、ゆっくりと切り替えをしていきます。

またある子どもは、あっという間に切り替えていました。

切り替える時間に個人差はありますが、自分がやりたい遊びを見つけた途端、共通して、身支度が早まる傾向にあります。

今、年少児が遊んでいる部屋から盛んに聞こえてくるのは、子ども同士がやり取りする声です。

誰かと誰かとがかかわっている結果でした。

こども社会の芽生えを垣間見ているような今日この頃なのです。