‘行事’ カテゴリーのアーカイブ

人形劇団『 びっくり箱 』 による公演を楽しみました

2014年2月7日 金曜日

今日は、お父さんお母さんから園児に《観劇会》がプレゼントされました。

公演したのは、豊田市で活躍中の人形劇団『びっくり箱』の皆さんです。

開演時間になりました。

園児たちは会場に入った途端、すっかり劇場気分です。演目が始まると、舞台で繰り広げられる世界に目が釘付け。

思わず拍手! 時には、目を丸くしたまま動きが止まってしまうことも・・・

と∼っても楽しい人形劇でした。

たくさんの応援の中で こんなに大きくなりました

2014年1月31日 金曜日

今日は、生活発表会の第二日目。

園児たちは朝からとっても張り切っていて、少々心配なほど興奮している人も・・・。

様々なハプニングにもめげず、園児たちは最後まで表現活動の発表を行う事が出来ました。

退場していく表情には、安堵感が漂っていました。

満3歳児から年長児までの発表を通して、子どもたちの素晴らしい成長を改めて実感しました。

大きくなりました

2014年1月30日 木曜日

今日は、2013年度生活発表会の一日目です。

ばら組・あじさい組・たんぽぽ組・ちゅうりっぷ組の保護者等が鑑賞する日で、ホールが満員になりました。

園児たちは、いつもの様子で、あるいは、いつも以上に張り切って自分の出番に臨みます。

お家の人に見てもらうことがこんなにも嬉しいんだ、と職員が実感しました。

沢山のあたたかい眼差しと拍手にも感謝!

生活発表会シリーズ⑦  たんぽぽ組の巻

2014年1月29日 水曜日

「どうぞ」「ココ、いいよ」「一緒にしよー」・・・たんぽぽ組のメンバーからよく聞かれる言葉の一つです。

春に出会った子どもたちは、冬にも新たな出会いを喜び合いました。また、幼稚園見学に来た親子とばったり顔を合わせると、「何組になるの?」と早速質問するくらい、ウエルカム精神旺盛なのです。

一年の締めくくりの生活発表会でも、たんぽぽ組の「どうぞ」が連発されます。

ステキな心の「どうぞ」…これからも大きく大きく育ちますように。

 

生活発表会シリーズ⑥  ちゅうりっぷ組

2014年1月28日 火曜日

昨年春4月にスタートしたちゅうりっぷ組。

初めの頃は、やりたいことがバラバラ、行きたい処がバラバラ、興味のあることもバラバラで、パワフルパワー全開でした。

やがて、色々な場面や遊び等の活動を通して、一人でするのも楽しいけれど、みんなでするともっと面白いと実感。

その実感は、今回の生活発表会の劇にもタップリ盛り込まれました。

楽しい仲間になった嬉しさが、見ている皆さんにも届くといいな-

生活発表会シリーズ⑤  ひまわり組の巻

2014年1月27日 月曜日

おやおや? ・・・何人もの人が長ーく長ーくつながって進んでいきます。

何やら楽しそうな雰囲気。と、思いきや「タスケテー」の声。

前の人を触った手がくっついたまま離れなくなって

しまったのでした。

さて、何のお話でしょう?

皆さんご存知『金のガチョウ』です。

楽しいことを考えるのが得意なひまわり組のメンバーが、どのようにストーリーを展開させていくのか…ご期待ください。

 

 

 

生活発表会シリーズ④ あじさい組の巻

2014年1月24日 金曜日

ここは、おしゃれな動物たちの住む村です。村には、帽子のお店が一軒ありました。このお話は、帽子屋さんと動物たちの物語・・・

「ステキな帽子、く∼だ∼さいっ」

あじさい組メンバーお気に入りのこのセリフになると、思わず声に力が入ります。

また、物語が進むにつれて、自分の出番に限らず他のメンバーの出番の時にも、まるで自分が演じているような気分なのでしょう、思わず元気な声でセリフが飛び出します。

互いの存在に興味津々のあじさい組メンバーは、自分のことのように他者と関わりを持とうとします。

今日は、久しぶりに登園した仲間も加わり、いっそう嬉しい気持ちが強かったあじさい組でした。

生活発表会シリーズ③ さくら組の巻

2014年1月23日 木曜日

ここは森の中。動物たちがいます。なぜか、自動販売機があります。

どんな物語が展開されていくのでしょう・・・

さくら組の一年間には、ステキな仲間になっていく歩みがいっぱい。2学期から3学期にかけて新たに仲間入りしたメンバーも含めて、互いを受け入れ合う関係が次第に強くなってきました。

一人でも足りなくなれば、そのことにすぐに気付く仲間たちなのです。時には衝突することもあるけれど、やっぱりいないと淋しいのです。

劇を通して、さくら組ワールドを味わって頂けることでしょう。

生活発表会シリーズ② 年長組の巻

2014年1月22日 水曜日

鈴、カスタネット、タンブリン、鍵盤ハーモニカ、大太鼓、小太鼓、鉄琴、木琴・・・様々な楽器が、それぞれの音を奏で、それらの音が合わさってなかなか味わいのある音が生み出されています。

年長児は、歌と合奏を仲間とともに演奏します。

成長した年長児は、自分の声や音を出すことだけに注意を向けるのではなく、自分の音と仲間の音とがどのように組み合わさっているのかにも注意を向ける事が出来るようになっています。

美しいハーモニーは、年長メンバーの関係のようでもあります。

生活発表会シリーズ① もも組の巻

2014年1月21日 火曜日

♪もーもたろさん ♪ももたろさん おこしにつけたきびだんご! ・・・

元気な歌声が聞こえて来るのは、もも組です。

もも組前の廊下やトイレからは、時折、もも組メンバーのご機嫌な声が聞こえて来るのです。

もも組では、かの有名な『桃太郎』のお話の世界が繰り広げられています。

今日は、きびだんごを作りました。

♪ひとつー ワタシに 下さいなー

思わず歌が口をついて出てきます。

31日には、素敵な仲間になったもも組メンバーが、桃太郎の世界を作り上げます。楽しみですね。