‘環境’ カテゴリーのアーカイブ

訪れて下さった皆様、 ありがとうございました!

2015年3月31日 火曜日

このところ、園庭では「お花見日和」が続いています。

どこからともなく、桜の蜜を吸いに、鳥やハチが訪れています。

春空に映える満開間近な桜に、心癒される今日この頃、皆様におかれましては、如何お暮しでしょうか。

この一年間を思い起こすと、沢山の出会いと別れがありました。

そうして、お陰様で今年度も心豊かな一年を過ごさせて頂きました。

今は、ただただ感謝の思いで一杯です!

本園のHPに訪れて下さった皆様、どうもありがとうございました。

さくら~  さくら~  ようこそ、さくら~

2015年3月26日 木曜日

青空の下、咲き始めた桜たち・・・本園も「桜の開花宣言」を発表します。

園庭の桜は、このところの寒さをじっとこらえていましたが、今朝からの暖かい日差しで目を覚まし、ほわっと花びらを開きました。

他のつぼみも次々に膨らみ、赤く色づいてきています。

週末にはたくさんの花が開くことでしょう・・・

ようこそ!桜、 ようこそ!春。

ももの花が満開です

2015年3月24日 火曜日

冷たい風を受けながらも、園庭にあるももの花が満開の時を迎えました。

園庭では、子どもたちが春の日差しを浴びながら、友だちとの遊びに歓声を響かせています。

弥生三月も、残すところあとわずか…

一年を締めくくるにあたり、お陰様で、『今年度も沢山の《育ち》に出会わせて頂いたな~(感慨無量…)』と感謝の気持ちでいっぱいです。

ヒヤッ・・・  ブルブルッ

2015年3月11日 水曜日

弥生三月、日差しに春のぬくもり・・・と、思いきや、今朝は雪の重みに目が覚めました。

順調に蕾を開いて来た毎日でしたが、今朝ばかりは背筋がブルブルッとなりました。

こんな声が聞こえてきそうな本園の菜の花畑です。

少しずつ少しずつ春の足音が近くに聞こえる頃となりました。

ホームページを訪れて下さった皆様も、今日一日、寒さにめげず、お元気でお過ごしください。

菜の花が咲き始めました

2015年1月31日 土曜日

3月の卒園の日近くに咲くようにと種を蒔いていた『菜の花』

何を急いでいるのか、蕾をほころばせ始めました。

冷たい風にも負けず、しゃんと背を伸ばしてたたずんでいる美しい姿に、思わずシャッターを切りました。

ヨシッ、今日一日、ワタシもがんばるぞ!…そんな気持ちにさせてくれた『菜の花』に感謝。

新年 明けましておめでとうございます

2015年1月5日 月曜日

2015年の始まりを、皆様はいかがお過ごしですか。

新しい光を浴びて、園舎も園庭も輝いています。

本年も名古屋柳城短期大学附属豊田幼稚園ワールドへの皆様のご訪問を、心よりお待ち申し上げます。

子どもたちの声が聞こえてくるような日々の園生活をご紹介するブログを、頑張ってお届けしたいと思います。

本年もお付き合いの程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

寒さに負けず グングン 伸びる!

2014年12月26日 金曜日

園庭の東にある畑のダイコンが、雪にも負けず、寒さにも負けずに成長中。

園児も、畑の前を通る度に期待のまなざしで見つめます。

「大きくな~れ、あま~くなぁれ」

ツヤツヤの葉っぱが、「ヨシッ、任せとけっ」と答えているかのようです。

ホワイトクリスマスになりました

2014年12月18日 木曜日

朝起きて外を見ると・・・わ~、すっかり雪景色!

きっと、ご家庭では子どもたちから大歓声が上がったことでしょう。

静かな静かな夜明け頃、幼稚園の庭も降り積もった雪でいつもと違う顔を見せてくれ、思わずシャッターを切りました。

今日は、クリスマス祝会の二日目です。

空からの贈り物で、ホワイトクリスマスになりました。

なかなか見るチャンスのないこの景色ですから、今日のクリスマス祝会もいつまでも心に残る素晴らしい行事になることでしょう。

ナワは 大切な 友だち!

2014年12月5日 金曜日

縄跳びブーム最盛期(?)の幼稚園です。

一人でたくさん跳んだり、友だちと足並みそろえて跳んだり、自分で回したり、誰かに回してもらったりしながら、毎日縄跳びを楽しんでいます。

縄跳びを満喫している子どもたちは、使う度に縄の結び目をほどいたり、縄を使った後には結んで収納します。

その動作も大切な『なわとび活動』です。

そこで、子どもたちが仲良くしている縄が迷子にならないために、そして、いつまでも使えるように大切にするために、収納用に個別のボックスを作りました。

これで、縄をいつでも使いたい時に使うことが出来ます。

 

ヨイショ ヨイショ・・・働き者のアリは、暑い夏の間中せっせとエサを運びました

2014年9月3日 水曜日

「ねえ、こっちに来て」

「何してるんだろ~」

今日、子どもたちの大発見の一つは、大きな餌を担いで、自分たちの巣に運んでいくアリたちの姿でした。

「すご~い、自分より大きい幼虫、運んでる」

「幼虫、どうして連れてくの?」

子どもたちの不思議は、いっぱい溢れています。

じっと見つめる子どもたちの目は、「科学の目」そのものです。

何分もの間子どもたちは動きを止めて・・・もしかして、息を止めるほどの集中状態だったかもしれません・・・アリの動きを観察していました。