‘交流事業’ カテゴリーのアーカイブ

松平高校の 優しいお兄さんとお姉さんに 会って来ました

2015年12月10日 木曜日

今日、年長児は、年に一度の『松平高校生との交流会』に行って参りました。

高校の体育館に到着すると、高校生のお兄さんお姉さんが大歓迎してくれました。

靴を履き替えるのを見た瞬間、あるいは、水筒からお茶を飲むのを見た瞬間…等など、その都度「かわいい~!」の声のシャワーが注がれるのです。

交流会では、和太鼓の演舞やオカリナの演奏、それに、こども園や幼稚園児によるベル演奏や歌の発表などがステージで繰り広げられました。それから、一緒にお弁当も食べました。

年長児はすっかり心を開いて、高校生との交流のひと時を楽しむことが出来ました。

高校生のお兄さんお姉さん、どうもありがとうございました!

年長児の日記から・・・ハジメマシテ! これからも どうぞ ヨロシク!!

2015年10月17日 土曜日

今日、市木小学校に行きました。体育館に着くと、高橋こども園の年長さんがやって来ました。高橋こども園からてくてく歩いて来たそうです。スゴイナ~

小学一年生の人が来ました。

一年生の人が歌を歌ってくれた後で、皆で忍者の踊りを踊りました。

それから、18班に分かれて、自己紹介をしたり、飛行リング飛ばしをして遊びました。

楽しかったです。

次に、ナント!

高橋こども園の人が幼稚園に来てくれたのです。ホールで一緒にお弁当を食べたり、ゲームをしたりしました。

とてもとてもとても楽しかったです。

また一緒に遊びたいです。

おわり

 

『紙芝居の会』を楽しみました

2015年8月28日 金曜日

毎年恒例『紙芝居の会』を、8月27日に開きました。

♪~むすんで ひらいて てをうって むすんで~♪

前半は、幼稚園の先生が紹介する手遊びやふれ合い遊びをしたり、紙芝居を見ました。

後半は、お母さんに向けて名古屋柳城短期大学の教授が講話を行い、子どもたちは、幼稚園の先生と一緒に遊びました。

お母さんはとっても熱心にお話に耳を傾け、子どもたちは仲よく、夢中になって遊びを楽しむことが出来ました。

今年も、よい『紙芝居の会』になりました。

 

高校生のインターンシップが始まりました

2015年8月24日 月曜日

将来は、保育の仕事に就きたいな…

大きな夢を抱いている4人の高校2年生が、今日から3日間、本園で過ごすことになりました。

子どもたちが喜んでくれるかな、と思いながら、絵本を選んだり読む練習をして、保育に臨みました。

子どもたちは高校生の読む絵本の世界にすっかり引きつけられたようです。

保育者のタマゴたちに、大きなエールを贈りたいと思います。