‘活動’ カテゴリーのアーカイブ

♪ あかりをつけましょ ぼんぼりに~  Part.2

2016年2月19日 金曜日

「明かりを点けましょ ボンボリに~ お花をあげましょ モモの花~」

今日も園のあちらこちらから、『うれしい ひなまつり』の歌が聞こえてきます。

年少組の部屋では、子どもたちが「自分のおひなさま」を作っていました。

クレパスやのりを使って、だんだん出来上がって行くのが楽しくて仕方ない様子。

お内裏様とお雛様の顔は、どこか制作者に似ているようです。

子どもたちは、自分の分身の様に思って制作した「おひなさま」をとてもかわいがっています。

 

♪ あかりをつけましょ  ぼんぼりに~

2016年2月17日 水曜日

今日、満3歳児のもも組では、「自分のおひな様」を作りました。

幼稚園で迎える初めてのひな祭りです。

もも組の子どもたちは、昨日、ホールのひな壇に並んだおひな様に会いに行きました。

ひな祭りの話も聞いて、「お内裏様」「お雛様」「三人官女」「五人囃子」等の名前にも興味津々です。

自分のおひな様を作れるとあって、嬉しさと真剣さの入り混じった表情で制作に取り組みました。

♪明かりを点けましょ ぼんぼりに~

思わず口ずさむ子どもたちでした。

 

外遊び だ~い好き

2016年2月16日 火曜日

バネ遊具がユ~ラユラと揺れています…三輪車がキコキコキコと通り過ぎて行きます…鉄棒に足を掛けてブラリとぶら下がっています…砂場ではザックザックザックザックと掘ったり盛ったり…

なわとびやままごと、様々な遊具で遊ぶ姿も園庭に溢れています。

園庭のどこに行っても、子どもたちの声で溢れています。

園庭のあちらこちらで、子どもたちのステキな科学の目(芽)が伸びようとしています。

他の人と一緒に遊ぶ楽しさを満喫し、満足気な子どもたちの表情が見られます。

今日も園庭では、子どもたちの底抜けに明るい声が響いています。

なんという シアワセ・・・

魅力いっぱい 『針』 と 『糸』

2016年2月16日 火曜日

自由遊びのコーナーに「縫いさし」が仲間入りしました。

毛糸針と毛糸を使って、画用紙に印刷された模様や絵に沿って刺していく作業です。

園児の目は真剣そのもの・・・毛糸を針の穴に通す時、毛糸の端に玉結びを作る時、点を狙って針を刺す時などは、息が止まっているのでは?と思うほど集中していました。

本物の針と糸が使えることに、心から喜んでいる子どもたちです。

縫いさしを通して思わず生まれてくる《真剣さ》が、満足感に繋がっていくようでした。

 

お好み焼きは いかが~?

2016年2月12日 金曜日

幼稚園の中に、美味しい匂いが流れてきました。

ホットプレートの上では、キャベツが沢山入ったお好み焼きがジュージュー音を立てています。

表面が乾いてきました。そろそろ裏返しのタイミングです。

真剣な表情でフライ返しを握った手に、力が入ります。

クラス全員の目がフライ返しに注がれ、教室に緊張が走ります。

エイヤッ!

無事、裏返すことが出来ました。

キツネ色にこんがりと焼けたお好み焼きに、年中児は大満足でした。

ファ~イトッ! ファ~イトッ!! ファ~イトッ!!!

2016年2月4日 木曜日

冬空に響く園児の声・・・

園庭をマラソンする満3歳児を応援する年長児の声です。

あちらからもこちらからも「ガンバレ!ガンバレ!」、「ファイト!ファイト!」と、力強い声が聞こえてきます。

年長児は、満3歳児が走りやすいように、園庭に楕円形を作りました。

自分のすぐ前を走り抜ける小さい人の一所懸命さに、心からのエールを贈っている大きい人の姿は、今日の青空のように清々しく感じました。

 

 

グツグツグツ・・・ 美味しい匂いがしてきたぞ

2016年2月2日 火曜日

気持ち良い青空の下、大きなカマドに薪を入れ火を点けました。

カマドの上に大なべをかけて、煮立ったお湯に材料を入れます。

園の畑で採れた「大根」「人参」「白菜」「キャベツ」も入れました。

年長児が春に作った「豆味噌」で味付けて・・・

できあがりました! トン汁の完成です!

年長児がお椀を持って、ワクワクしながらお鍋の前に並びました。

青空の下、美味しい美味しい「トン汁」をご馳走になって、み~んなステキな笑顔になりました。

ひたすら挑戦、一歩ずつ

2016年2月1日 月曜日

1月から自由遊びのコーナーに加わった遊びの中の一つ『竹馬』に、今日も挑戦者が挑みます。

簡単にできないことがかえって魅力なのでしょう…何度も何度も足を掛けては落ち、掛けては落ちの繰り返し…

その様子を見かねて手助けする人も現れます。

前から手助けする人がいるかと思えば、後ろから手助けする人もいます。

何とかして成功させたいという真剣な思いが、挑戦者にも、手助けする人にも溢れていました。

 

お正月遊びを 楽しんでいます

2016年1月16日 土曜日

カーン カーン・・・

年長児が羽根つきをしています。羽が行ったり来たり…以前よりも長く続いています。(拍手!)

3学期に入り、毎日のようにお正月遊びに手が伸びる園児たちですが、年長児には『楽しむ』レベルまで到達している人が何人もいます。

登園後すぐ、一人でコマ回しに興じている年長男児の後ろ姿は、挑戦者そのものです。

竹馬に乗れるようになった年長女児は、年少児たちに教えたり、年少児が乗った竹馬を前から支えて補助に徹底しています。

羽根つきでは、自分が羽子板に羽を当てて飛ばせるようになったのを喜ぶことに留まらず、相手の羽子板を見、その方向に狙って羽を飛ばす年長女児の姿もありました。

小さい時には他の人がしているのを見ているだけで満足していたのが、大きくなるにつれて、自分が出来るようになりたい!という思いで取り組み、もっと大きくなると、助けを必要としている人と関われるようになりました。

園生活の積み重ねの中で、子どもたちの成長を実感する今日この頃です。

トントントン・・・  トントントントン・・・ 園庭に響きます

2016年1月16日 土曜日

園庭の一角で、木工活動が再開されました。

1学期は年長児が活動していましたが、今度は年中児の番です。

担任から道具のことや使い方の紹介を聞いて、「すぐにでもやってみたい!!」気持ちが溢れた年中児です。

作業台を用意して、木片を選びます。

金づちと釘を運んで、いよいよ作業スタート。

初めの内は、金づちの重さにビックリ。

釘の頭をねらうだけで精いっぱい・・・なかなか当たりません。

それでも諦めないで続けて行くと・・・だんだん当たりが増えて行きます。

そうなると、すっかり木工活動のトリコに・・・様々な形を作ったり工夫できるようになることでしょう。

真剣な瞳に、思わず応援したくなるのです。