第41回運動会に たくさんのありがとう!

10月6日(土)、第41回運動会を開催しました。

園児が全員出席した素晴らしい運動会でした。

不安定なお天気にドキドキハラハラしましたが、子どもたちの生き生きとした姿に雨雲がどこか遠くに離れ去って行ってくれました。

 

今朝、子どもたちが幼稚園に来る少し前、幼稚園の廊下に「虹」を見つけました。

なんだか、第41回運動会を祝福してくれているみたい‼

あ~した てんきに しておくれ♪

てるてる坊主がたくさ~ん!

この景色は、10月5日のものです。

翌日は、第41回運動会なのです。

この切実な願い・・・てるてる坊主が届けてくれますように。

芸術の秋 読書の秋

画用紙を前に、クレパスや絵の具や色紙を使って、年長児が『冒険』の絵を描いています。

完成まで3~4日かけて、満足のいく大作が出来上がりました。

 

一方、年少組では、絵本をじっくり楽しむ姿が見られるようになりました。

お話の世界を自由に旅することのできる子どもたちですから、きっと私たち大人の想像を超えた豊かなイメージを膨らませていることでしょう。

 

 

遊ぶの 楽しい おもしろい

こどもっていつもワイワイ騒がしい、なんて思っている人はいませんか?

自由遊びの時間の一コマです。

カメラを向けているのが全く気にならないくらい、遊びに没頭、心から楽しんでいます。

このような時には、ほとんど声が聞こえてこないのです。

子どもたちにとって、心も体も大満足のひと時です。

わー びっくりしたぁ~

いたずら好きな年長児が、ハロウィンにちなんで、幼稚園のあちらこちらにオバケを潜ませたとの情報が…

それは本当なのか⁉

子どもたちは半信半疑。

けれども、

扉を開けると…

そこに居たり、

窓を見上げると…

そこにも居たり、

後ろを振り向いたら…

そこにオバケが!

 

ハラハラドキドキが大好きな子どもたちなのです。

こどもは動きながら学んでいます ~つまむ~

何度も繰り返し回すコマ。

いつの間にか指先に力が付き、更に速く回せるように工夫も可能に。

遊びだけではありません。

床にこぼれたものを指先でつまんで拾う年少児の様子からも、しっかりと指先に力がついてきているのを感じます。

つまむ時に活躍する親指・人差し指・中指は、脳に直結していると言われます。

使う機会にたくさん恵まれますように…

こども運動会に 大満足 ♡もも組(満3歳児)

もも組の運動会には、くだものが出てきますよ。

お遊戯で果物に変身したり、親子競技で、生クリームケーキにフルーツを飾ったり…

運動会って、もしかして・・・オイシイ?

こども運動会に 大満足 ♡年少児

広い広い市木小学校グランドで、かけっこやお遊戯をしていたら、なんだか大きくなったみたいな気持ちになりました。(ウレシカッタヨ)

こども運動会に 大満足 ♡年中児

年中児のかけっこは、直線からカーブのあるコースを走ります。

スピードを落とさないようカーブを走り抜ける力強さに、年中児の成長を感じました。

こども運動会に 大満足 ♡年長組

運動会では、競技や演技で力いっぱい頑張る年長児ですが、それだけではありません。

幼稚園の一番大きいお兄さんお姉さんとしてとして、自分より小さい人の出番を支えます。

かけっこのゴールテープも、年長児が担当します。