西の園庭の砂場 リフレッシュ!!

「ねえ、砂が少なくなってるヨ」

ある日のこと、砂場の囲いと砂の表面との高低差が、以前と比べて大きくなっていることに気づいたのです。

そこで、砂場のクリーン作戦を業者に依頼。

砂をふるいにかけてきれいにしたり、新しい砂を入れました。

こうして迎えた今週。

子どもたちは大喜びで砂遊びに興じています。

ヨカッタネ!

ペタペタペタ… 絵の具がのび~る

満3歳児の『もも組』を覗いてみると、大きな画用紙に絵の具でぬたくり真っ最中。

思いっきり腕を動かして、大きな紙の端から端まで使います。

何とも言えない筆の感触と、色が紙の上に残っていく面白さで、子どもたちは大満足でした。

おはなしの世界って オモシロイねっ ~年少児の巻~

賑やかな歌声に、会話を交わす声…

年少の子どもたちが動物になりきって、葉っぱを手にやりとりをしています。

おはなしの世界って、自分がいつもの自分じゃないみたいで、なんだかとっても楽しい!

年長児が「味噌」の出来具合を見ました

昨年4月に、大豆を煮てつぶしたものをタッパーに入れました。

その後、ず~っと寝かせてきました。

もうそろそろ起こしてもいいんじゃな~い?

ということで、中を覗いてみることにしました。

「オー…味噌のにおいがするぅ」

2種類の味噌が完成間近です。

マラソン大会

美しい青空の下、幼稚園の向かいにある市木小学校のグランドを会場に、柳城豊田幼稚園2018マラソン大会が開催されました。

このところのお天気のおかげで、トラックはほど良いコンディション。

開会式が終わりました。

第一部は子どもの部。

初めに走るのは年中児、次に年少児、続いて満3歳児が走り、園児の最後を飾るのは年長児です。

「ようい…パンッ!」

一斉にスタートしました。

速い!速い!

なんだか、いつもより随分と速い気がします。

トラックを走り抜ける園児を大きな声援と拍手が励まし、グランドは熱気に包まれました。

 

第二部は大人の部。

園児の保護者と園の職員、体操の先生も走ります。

トラックを3周走る間に、子どもたちからも他の保護者や職員からも、大きな声援がシャワーのように注がれました。

 

閉会式では、最後まで諦めないステキな力を使えたことを称えて、園児全員に表彰状が授与されました。

ゴールした順位だけでは言い尽くせない喜びを園児それぞれが味わい、自分の頑張りに改めて自分を愛おしく思う、大満足のマラソン大会になりました。…感謝。

新園舎の完成が近づいてきました

「もうすぐ合えますね」

こんな声が聞こえてくるかのように、工事中の新園舎を囲っていたシートや足場が外されました。

あと1月半もすれば完成です。

子どもたちも職員も地域の人たちも、出合いの時を楽しみにしています。

 

 

 

 

 

三輪車を ありがとう

柳城こどもまつりの収益金で、三輪車を4台購入してもらいました。

大きいサイズと小さいサイズの一人乗りがそれぞれ1台と、後ろにお客さんを乗せて走るタイプが2台です。

 

本日、ピッカピカの新車のお披露目式が行われました。

嬉しくて、嬉しくて、子どもたちの目は三輪車にくぎ付けです。

退場しながら、子どもたちは「コンド、イッショニ アソボウネッ」と三輪車と約束していました。

 

保護者の会のみなさまに、心からお礼申し上げます。

凧あげ大会

今、市木小学校のグランドにお邪魔しています。

トラックを1周…2周…3周…走ってほど良いウオーミングアップ。

 

 

マイ凧を広げ、タコ糸を伸ばしつつ、走り出します。

 

ところが。

ズルズルズル・・・

良い風がちっとも吹いてくれないので、凧は地面を進むだけ。

あれっ?おかしいな

ん?…もしかして、揚がってない?

 

それでもあきらめきれない子どもたちは、何とかして凧を揚げようと走り続けました。

あんまり揚がらなかったけど、お腹がペコペコになったよ。

早く幼稚園に帰って、給食 食べよう!!

 

 

ばら組&ゆり組のぼうけん

豊田市自然観察の森にやってきた年長児。

森の中は、子どもたちの心をギュッと掴むもので溢れています。

 

し~っ…

誰かが声を潜めるようにと、合図を送ります。

?…なぜ

(イノシシの旦那が聞いているかもしれないんだから)

 

黄色い葉っぱが道に散らばっている所を通り過ぎようとした、その時。

「これは、みかんの皮だっ」

(リュックの中から取り出してみかんを食べたエルマーが、うっかり皮を地面に落としたんだ…もう少しでイノシシの旦那に見つかりそうで、ひやひやしたよ…)

 

年長児のやり取りは?…そうなんです。

エルマーの冒険の世界。

3学期に入ってから毎日のように担任が語る童話『エルマーのぼうけん』を楽しんでいる年長児は、森の中で自分自身がエルマーになりきっていたのでした。

 

空気がひんやりしていて日中の最高気温も一桁だったこの日、年長児は寒さを気にする様子は全くなく、心の底から森を満喫していました。

きょうのおやつは な~にかな♪

基本の保育時間が終わりました。

あちらこちらの部屋から、預かり保育の子どもたちが集まってきました。

異年齢集団のお部屋になって、まるで兄弟姉妹のような雰囲気です。

 

子どもたちが楽しみにしている『おやつの時間』になりました。