‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

もちつきぺったん part2

2021年1月20日 水曜日

今日は、乳児クラスもお餅つきです。

「みてみて」

「おもちつき」

「ぺったんぺったんするんだよ」

初めて聞く・初めて見るもちつきに

興味津々!

ふわふわの白いお餅が可愛らしい臼に入っています

 

一人ひとり餅つき体験をして

いざまん丸のお餅が目の前に配られるとみんなニッコリ

大きくなったら本当のお餅をお腹いっぱい食べる楽しみができたかな

つむ・つむ・つむ

2021年1月8日 金曜日

年中児の中で大人気!?

つむ・つむ・つむ

 

紙コップも自分の背以上に高く積んで

「みてみて、できたー!!」

ぐらぐらドキドキ感がたまらない

トイレットペーパーの芯と厚紙さえも積む

全集中でつむ・つむ・つむ

こんなものまで積めるのね

洗濯ばさみも積めちゃった!

 

身近なものが意外や意外

オモシロイ遊びに大変身

 

寒い日も…動く

2021年1月8日 金曜日

ぴゅーぴゅー吹く北風さえもオモシロイに変わる

つぼみ組の子どもたちが手作り凧あげを楽しみました。

砂場ではせっせと穴を掘ったり

乗り物を走らせたりと思い思いに遊びます

 

園庭の隅に目を移すと

“ギュッ”“えへへ、おふろだねぇ”

露天風呂を楽しんでいるかのようです

 

それぞれ好きな遊びや場所を見つけて

心も体も動かして遊んでいます

 

3学期始業

2021年1月7日 木曜日

園内ににぎやかさが再び戻りました

今日は3学期始業の日

いよいよ1年の締めくくりの学期が始まりました

 

始業式では皆で元気に集まる事のできた喜びや

ここからより一層成長の時を過ごしたいですねと

園長先生より話がありました

 

始業式が終わろうとした時

「ちょっと待った~!!」の声が響きました

どうやら(昨年度大活躍された)ネズミさんと

(今年度の活躍を期待)ウシさんの楽しいお喋りが始まりました

チューと鳴きたいネズミさんですが

今年はうし年モーと鳴きたいウシさんに少々圧倒され気味でしたが

よくよくやりとりを聞いているとどうやらウシさん

冬休み明け久々の登園に気が乗らない様子です

休み中はお餅をたくさん食べて、たくさん遊んで楽しい時間だったよう

でもネズミさんと話をしていくうちにだんだん幼稚園の楽しさを思い出してきたようです

 

明日も幼稚園で職員一同子どもたちにお会いできることを楽しみにしていますよ

クリスマス祝会(1日目)

2020年12月17日 木曜日

昨日までの雪を忘れてしまうような温かな日となりました

クリスマス礼拝が厳粛な雰囲気の中行われ、

ページェントもそれぞれの子どもたちが心を込めて演じ

「クリスマス おめでとうございます」と祝福しました

 

明日は祝会2日目です

いよいよ5本目の白いロウソクに灯りが点ります

“祝福”を意味するロウソクの灯で今の時代を生きる私たちの足元を明るく照らしてくれますように

明日も良い一日となりますようにお祈りしています

アドベント~4週~

2020年12月16日 水曜日

 寒さも強まり冬の到来を感じます

空気も澄んで星が瞬きクリスマスへの思いを馳せます

 

アドベント期間も4週目を迎え、

黄色のロウソクに灯りが点りました

黄色のロウソクは光・光明を表します

光の子として歩む子どもたちの道明るく照らされますように

子どもたち自身が周りの大切な方々を明るく照らす存在でありますように

“光”は私たちの希望となり喜びとなる大切なものですね

 

明日からはいよいよ2日間にわたってクリスマス祝会が行われます

5本目の祝福を意味する白いロウソクに灯りが点り、子どもたちがイエス様のお誕生をお祝いするページェントの聖劇を行います

キリスト教保育を通じて子どもたちが真のクリスマスの意味を知り

心を通わせ礼拝をし、クリスマスの喜びを分かち合える良い日となることを願っています

 

 

 

 

 

魔法のようだね

2020年12月16日 水曜日

寒い季節になると冷たい水での手洗いに躊躇してしまいがちですが

重大な病気が流行している今、これまで以上に感染症予防に気を付けなくてはなりません

小さな子どもたち

大人や神様に守られて健やかな成長を日々願っていますが

子どもたち自身でも身を守る力を日々つけています

 

その中でも“楽しい”“嬉しい”発見の連続です

「今日は寒いね」

「あのね、手をこうやって洗うとね、手が温かくなるんだよ」

「ほらね、触ってみて」

丁寧に洗った手は赤くなっていますが、ほんわか温かく

“魔法のようだね”と微笑みが溢れました

 

令和の炭治郎

2020年12月14日 月曜日

巷で話題の“鬼滅の刃”

園内でも子どもたちに大人気で話題に多く上がります

 

時は大正時代のお話ですが

令和の今、園内にこんな子どもたちの声が響くのです

「炭治郎がいる~」

「仲間だ!」

「炭治郎おはようございます」

 

ここ最近、柳城豊田幼稚園に毎日炭治郎が居ます

どういうことか?

写真の通りこういうことです(写真をよーくご覧ください)

令和の炭治郎はパソコンでお仕事もします

時に大型バスの運転もします

お客様を迎えたりもちろん出張だってあります

何より子どもたちと楽しそうに過ごしています

今日の炭治郎はバスの運転さん

炭治郎の運転する幼稚園バスは『無限バス』

子どもたちからふっと声が上がりました

 

大正の炭治郎も、令和の炭治郎も

温かな心をもってよく働くことに共通していると感じるのです

アドベント~3週~

2020年12月8日 火曜日

アドベント期間も3週目を迎えました

日に日にクリスマスをお迎えする準備が進み、

子どもたちの心の中にも神様のお誕生を楽しみに待つ気持ちが芽生えてきているように感じます

アドベント礼拝では緑色のろうそくに灯が点りました

緑色のろうそくには“いのち”“誠実”の意味があります

私たちは誰もが大切な命をいただきました

温かい心で人と過ごし

イエス様の愛でいっぱい溢れるよう

日々の行いをしたいものです

アドベント~2週~

2020年11月30日 月曜日

クリスマスを前に子どもたちの優しい歌声が園内に響きます

「クリスマスが近づいてきている」

と実感する嬉しい瞬間でもあります

 

アドベント2週目を迎え、

赤色のロウソクに灯りがともりました

赤色は私たちの暮らしの中にもたくさんたくさん

ある色で、愛の印の色でもあるとの事

まさにクリスマスを彩るポインセチアの赤い花は、

神様の愛を表しているのです

 

クリスマスが一日一日と近づいてきています

イエス様がお生まれになって皆で喜ぶ日

元気にそして健康にクリスマスが迎えられますようにお祈りを続けます