‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

お気に入りの場所

2021年9月9日 木曜日

園舎2階の一角に子どもたちのお気に入りの場所ができたようです

 

店員さんとお客さんになり

(店)いらっしゃいませ~

(客)これください いくらかな?

(店)100円です

(客)これでお願いします

(店)はい ありがとうございます

ここで現代を生きる子どもたちの新しい感覚を見せつけられます

カードをサッと差し出すお客さん

キャッシュレスの時代が浸透しつつあることを遊びの一場面で発見です

大変スマートなお買い物風景でした

 

同じ日の同じ場所で 古き良き時代も残っていました

午後の開店準備を進める店員さん

たくさんのお札を整えて丁寧にレジに入れていきます

新しいことを自然に受け入れている子どもたちの

柔らかな心に感動(見習ます)

食べても食べてもなくならない♪

2021年7月14日 水曜日

かき氷が美味しい季節の到来です

白くてふわふわの冷たい氷に、きれいな色の甘いシロップ

今回はお好みの味にお好みの柄のカップも作れる特別なかき氷づくりです

 

このかき氷はさらに不思議なかき氷

「食べても食べてもなくならない♪かき氷どうぞー」

出来上がったかき氷を

お隣のクラスや、職員室、年長さんや、水槽の魚まで!

気前よくみんなにごちそうしてくれました

「おいしかった~、ごちそうさまでした」

七夕

2021年7月7日 水曜日

7月7日 今日は七夕

園内には笹飾りが飾られ、笹の青みのある香りや

さらさらと風に揺られる涼やかな音がとても心地良いです

雨模様の一日でしたが、雨雲の上では織姫と彦星が1年ぶりの再会を果たしていることでしょう

朝の始まり

2021年7月7日 水曜日

朝、園には元気な子どもの声が響きます

カバンの中から出席ノートを出してシールをペタリ

連絡帳や大切なお手紙をカゴに出して

自分のロッカーに荷物を納める

毎日繰り返し行うことで自然と流れが身につきます

 

朝の支度を終えたら好きな遊びにじっくり取り組みます

学年によって発達段階が違いますので

設定してある活動はそれぞれに違いますが

学年の枠を超えて互いに部屋を行き来しながら

朝の時間を過ごしています

 

さぁ、今日はどんな一日になるのかな期待が膨らみます

やりがいと喜び

2021年6月25日 金曜日

“できるようになった”

“お手伝いをすることができた”

“「ありがとう」って言われた”

このような時、子どもも大人も嬉しく幸せな気持ちになります

幼稚園でも日々の経験を通して出来る事が増えたり

人から感謝されたり人に感謝する気持ちを味わいます

 

その中で子どもたちが楽しみにしていることの一つが当番活動

毎日順番に当番が回ってきて、中には「もうすぐお当番の日なんだよ」と当番の日をずいぶん前から楽しみに待つ子もいます

学年によって仕事内容は変わりますが、野菜の世話をしたり給食の牛乳を部屋まで運んだり、欠席連絡のお手紙を職員室に届けてくれたり

どれもやりがいのある仕事ばかりです

一日の終わりには「お当番さん ありがとうございました」このねぎらいの言葉が活力となり喜びとなる魔法の言葉です

カエルのおはなし

2021年6月16日 水曜日

年中児の部屋にカエルがいっぱい集っています

ビヨンビヨンと伸びる手足に

まん丸の大きなお腹(お腹の柄も千差万別)

カエルの表情もみんな違います

 

子どもたちが集まる昼間にはそっと耳を傾けて子どもたちの楽しいお喋りを聞いているのかな

夜のうちは壁面から飛び出して幼稚園中を探検していたりして…

 

大きな口をパクパク ワニのカスタネット作りにも挑戦!

出来上がったワニカスタネットを手に

カチカチ カチカチ カッチカチ

リズムに合わせてたくさんのワニがお喋りを楽しんでいるよう

 

いつもありがとう

2021年6月7日 月曜日

いつも幼稚園の園内が清潔に保たれている理由を今日はご紹介します

こうして毎日丁寧なお掃除と消毒をしている職員の働きが理由の一つ

自然と「いつもありがとうございます」と感謝の気持が溢れるほど丁寧で、気持ちの良い環境が作られます

 

園内のお掃除だけでなく

給食の準備や片付け

バス乗務

裁縫から畑のお世話まで

幅広いお仕事があり、

夏の暑い日も冬の寒い日もオールマイティーに仕事をしてくださっています

 

子どもたちの園生活、私たちの職場環境を

優しくそして気持ちの良い環境で支えてくださるとても大切なお仕事です

雨の日もめいっぱい

2021年6月7日 月曜日

雨降りの一日

年少組の部屋を覗くと

「びりびり―」

「きゃ~」

「集めて集めて、そーれ」

めいっぱい楽しむという言葉がぴったりな

新聞紙を使った遊びです

 

大きな新聞紙をちぎる

ちぎる動作一つとっても指先から体全体を使った大切な経験です

「どうしたらちぎれるかな?」

「もっといっぱいちぎるには?」

「遠くに飛ばしてみたいけど、あれれ?飛んでいかないな」

遊びの一つ一つに願いがあり子どもたちの経験となる遊びがめいっぱい詰まっています

 

胸がドキドキ歯科検診

2021年6月4日 金曜日

幼稚園がいつもと違う雰囲気

病院の服を着ている人がいる

子どもたちの感性はとっても豊か

「何か違う」気配に胸がドッキドキ

 

何度目かの経験となる年中・年長の子どもたちは

「ヨウチエンの歯医者さんは痛いことしないよ」

「口を大きく開けたらすぐにおしまい」

さすが経験者、余裕があります

 

ここで胸の高鳴りが止まらないのが

ハジメテノ・シカケンシン・乳児さんと年少さん

痛いことしない?注射しない?色々な不安が頭をめぐります

でも歯医者さんは昭和の時代からずっと豊田幼稚園に来てくださっている

大ベテラン先生(幼稚園職員よりも幼稚園の歴史を深くご存知かも知れない)

あっという間に面白く検診終了

 

…あれ?もうおしまい?

幼稚園での歯科検診「で・き・た」

来年の姿に乞うご期待

 

いちご組がはじまったよ

2021年5月20日 木曜日

今年もいちご組がはじまったよ~

大好きなお家の方から離れる瞬間は「とってもさみしい気分」全開ですが

遊び始めてみると「あ、楽しい」「おやつも食べて嬉しいな」と笑顔いっぱい

 

外遊びに室内遊び

トイレもみんなでレッツゴー

楽しい雰囲気で少しだけお家の方から離れて集団生活をスタートさせた2歳児教室いちご組のこどもたちです