‘園生活’ カテゴリーのアーカイブ

こま回し大会(年中)

2020年1月20日 月曜日

年中クラスから緊張の雰囲気と熱い応援の声が聞こえてきます

今日は年中児対抗『こま回し大会』

祖父母参観でおじいちゃんおばあちゃんと作った思い出のこまで今日まで練習に練習を重ねてきました

 

トーナメント制で勝ち進み、優勝を目指して熱戦を繰り広げています

応援で盛り上がり、お祈りする子もいました。

こまにギュギュっと紐を巻いて…

よし準備万端!

ドキドキするけど それっ

トーナメントを勝ち進み、ついにこま回し名人の誕生『おめでとう!!』

 

大会は終わってもこま回しが大好きなので何度も何度も繰り返し挑戦が続いています

「どうやったら上手になるの?」

「よし、次は勝つぞ」

こま回し名人を目指して

「もう一回 もう一回」とチャレンジしています

走る!走る!

2020年1月20日 月曜日

ここ何日かはこの季節ならではの寒さが続いていますね

子どもは風の子!

外遊びが大好きな子どもたちが登園後どんどん園庭に集まり遊び始めます

 

そうしているとリズミカルな音楽が流れ始めと「走ろう!走ろう!」皆で誘い合ってマラソンの開始です

走ることが大好きな子も、

ちょっぴり苦手な子も、

皆が面白そうに走っているからつられて一緒に走っちゃう

もちろん応援団での参加も大歓迎

身体も温まり引き続き外遊びを楽しむ子どもたちは、寒い冬でも元気いっぱいです

良く晴れた日には

2020年1月10日 金曜日

ピューっと吹く北風は冷たいけれど、暖かな冬の日差しが優しくて今日はお弁当日和

おもちを楽しんだ後は、お家の方が作ってくださった大好きが詰まったお弁当タイム!

せっかくのお天気ですからベランダでお弁当を食べましょうと子ども達が外に出てきました

 

お外で友だちや先生と食べるお弁当は特別な味

皆とっても嬉しそうでした

寒い日も元気いっぱい

2020年1月10日 金曜日

寒い日が続きますが子ども達は元気いっぱい

寒い日も暑い日も全てを力一杯楽しんでいます。

 

久々の雨降りの一日

幼稚園のホールにサーキット遊びが登場

「面白いね」

「もう一回!」

「ここはちょっぴり怖いけど、先生と手を繋いだらできたよ」

“できた”“楽しかった”が嬉しくて大盛況の遊びとなりました

お正月が明けて②

2020年1月10日 金曜日

福笑い

「これは目だよ」

「もうちょっとこっちこっち

「ひっくり返ってる~」

面白い顔になるはずが、なぜだか毎回なかなかの整ったお顔

薄目開いてない?

あれ?今ちょっぴり見ちゃってた?

まさかの展開に子ども達と大笑い

 

もう一つ面白かったのが、先生が目隠しをして福笑いに挑戦したエピソード

目や口があっちやこっちにばらけてユーモアのあるお顔に

そうしていると横から小さなかわいい手が伸びてきて「すー」っと置く場所を整えていきます

目を開けたらびっくり

何ともきれいなお顔のひょっとこ!

 

園内には郵便ポストが登場

子ども達はお正月の経験を通しておてがみのやりとりに挑戦

“おてがみが大好きなお友達にとどきますように”

思いを込めてポストに投函しています

 

 

 

 

 

お正月が明けて①

2020年1月10日 金曜日

かるたとりにすごろく、カードゲームに福笑い

お正月遊びを楽しんでいます

楽しそうな雰囲気に

「ねぇ、私もいれて」

「一緒にやろう」

どんどん仲間が増えていきます

 

お正月遊びを初めて経験した子も“面白いこと見つけたよ”ととっても嬉しそうでした

 

新学期を前に

2020年1月7日 火曜日

クリスマス・お正月が過ぎ、預かり保育を利用する子ども達が再び幼稚園に集まりました

「明日からまたみんなで遊べるよ」

「みんな元気かな?」

「おもちゃもピカピカにしてたくさん遊びたいね」

腕まくりをしてせっせと遊具についた砂を水の中で落としていきます

(夢中になりすぎて、袖や靴が濡れて早速着替えに忙しかった子もちらほら)

 

いつも親しんでいる玩具ですが、掃除を通してじっくり観察できたようで

「先生、これちょっと壊れてる?」

「まだ遊べるかな?」

玩具の不具合を良い目と感覚で見つけてくれます

でもその表情はとっても心配そう

「これは大丈夫だよ、まだまだ遊べるよ」

「気づいてくれてありがとう」

この言葉にパッと表情の明るくなる子ども達

子ども達がいつも大切に遊具に親しんでいることが感じられる一幕でした

2019年 ありがとうございました

2019年12月28日 土曜日

2019年も残すところあと僅かとなりました

平成から令和へ時代も大きく変化し、

柳城豊田幼稚園にとっても幼保連携型認定こども園移行と新しい幕開けが続く年となりました

変化に順応していくことには大きな勇気と力を要しますが、

いつも大きな力を与えてくださった子ども達と神様のそばに身を置く私たちは、とても幸せであると常に感じる日々でした

 

2020年がもうすぐ幕開けです

次なる年も神様と共に、子ども達とよりよい園生活が送れるよう歩んでいきたいと思います

冬の一日

2019年12月28日 土曜日

冬休み期間に入りました

幼稚園では、預かり保育を申し込んだ子ども達でとっても賑やか

クラスや学年の枠を外して

子ども達は一緒に遊んだり、お祈りをしたり、給食を楽しんでいます

普段より人数が少し減りますので、

ゆったりとした時間を過ごしています

 

「ス・ラ・イ・ム」

オモシロイこと見つけたぞと目を輝かせて机を囲んでいます

出来上がった自分のスライムは“宝物”

 

外遊びでは冷たい風もへっちゃら!

ボールを追いかけたり

三輪車で風を切って園庭のドライブを楽しんだり

寒さも忘れて遊びに夢中になっています

 

太陽の日差しも子ども達を共に温かく見守ってくれているかのようです

 

 

 

 

食べられる“幸せ”

2019年12月16日 月曜日

園の畑でこんなにたくさんの野菜が収穫できました

ピカピカのだいこん

つやつやのじゃがいも

葉っぱがふさふさのにんじん

葉っぱを触るとみずみずしくてパリッと音がします

大根と人参はお漬物に、ジャガイモはマッシュポテトで頂きました。

「先生、美味しかったよ!」

「また食べたい」野菜嫌いの子もちょっとだけ

うぅ~ん「美味しい」みんな笑顔になりました。

 

おやっ、羊たちも…

列をなして柿を食べているのでしょうか

 

おいしく食べられる喜びはきっと誰もに共通することでしょう

食べられることは本当に“幸せ”なことですね