‘行事’ カテゴリーのアーカイブ

胸がドキドキ歯科検診

2021年6月4日 金曜日

幼稚園がいつもと違う雰囲気

病院の服を着ている人がいる

子どもたちの感性はとっても豊か

「何か違う」気配に胸がドッキドキ

 

何度目かの経験となる年中・年長の子どもたちは

「ヨウチエンの歯医者さんは痛いことしないよ」

「口を大きく開けたらすぐにおしまい」

さすが経験者、余裕があります

 

ここで胸の高鳴りが止まらないのが

ハジメテノ・シカケンシン・乳児さんと年少さん

痛いことしない?注射しない?色々な不安が頭をめぐります

でも歯医者さんは昭和の時代からずっと豊田幼稚園に来てくださっている

大ベテラン先生(幼稚園職員よりも幼稚園の歴史を深くご存知かも知れない)

あっという間に面白く検診終了

 

…あれ?もうおしまい?

幼稚園での歯科検診「で・き・た」

来年の姿に乞うご期待

 

誕生会で新しい試み

2021年6月2日 水曜日

コロナウィルスが猛威を振るっています

世界中の人々が一日も早い終息を願い

子どもたちの「今」しかできない経験の場を取り戻したいと思っている事と思います

今こうしてコロナウィルス変化と新しい形の模索が求められる中

柳城豊田幼稚園ではこれまで園で一緒にお祝いいただいていた誕生児の保護者に限定をし、誕生会の動画配信を試みを始めました

ちょっと特別だけど

普段の園での子どもたちの様子や表情

動画を通してお祝いの気持ちが分かち合えたら嬉しいです

避難訓練

2021年5月31日 月曜日

どんな天候・どんな時間・どんな状況でもやってくる“災害”

大切な子どもたちの命が集まるこども園

だからこそ日頃の備えは万全を期して子どもたちを迎え入れなければなりません

日常点検のみならずこうして災害に対しての訓練も重要です

 

「ダンゴムシのポーズ」とても可愛らしいネーミングですが、これが身を守るとっても大切な姿勢

頭を抱えて体を小さくして身を守るのです

子どもたちにもイメージがしやすく伝わりやすい

 

今後も地震・火災・地震からの火災・不審者など訓練を重ね、自然と体が動き大切な命を守る訓練を重ねていきます

年長味噌作り

2021年4月14日 水曜日

年長児が味噌作りに挑戦

朝から味噌作りの工程を記したホワイトボードを前に「ふむふむ」「こうやって味噌ができるのね」勉強熱心です

 

いよいよエプロンをつけて味噌作りスタート!

①前日からたっぷりの水につけ大きくなった大豆を茹でて

②こうじをほぐす「優しくね」「ふわふわだね」

③茹でた大豆をつぶして「……」夢中になりすぎて無言

④つぶして つぶして もう一回り

まだまだつぶして「お豆のにおいする」「さっきと形が違うよ」みんなで大豆をつぶしていくうちに大豆の感触や形が変わることに驚き

⑤つぶした大豆の中に麹を入れてまたまた混ぜます。

⑥混ぜた大豆を団子にして、空気が入らないように容器にぎっしり詰めていきます

⑦塩をふってラップをかけて、重しを置いて美味しくなーれと祈ります

 

豆こうじを多く入れた『赤味噌』

米こうじを多く入れた『合わせ味噌』

2種類の味噌は涼しい所でゆーっくり寝かせます

次に子どもたちが今日仕込んだ手作り味噌に再会するのは1月頃の予定です。

味噌も子どもたちも味わい深い成長を見せてくれることを願うばかりです

 

 

 

 

幼児入園式・進級式

2021年4月12日 月曜日

保護者に手をひかれ園の門をくぐる

新入園の子どもたちと、つぼみ組・もも組から進級した子どもたち

「何組さんかな」

「幼稚園楽しみだね」

「いいお天気で良かったね」

足取りもとっても軽やかです

幼稚園のかわいらしい名札はきっと憧れの一つだったのですね

嬉しそうに名札を受け取る姿が印象的でした

 

式では担任から名前を呼ばれると「はい!」と元気いっぱいの返事や

「あれれ、なんで私の名前知ってるの?」と不思議そうに保護者の顔を覗いたり

微笑ましい瞬間がたくさんありました

 

9日(金)入園・進級式をもって

2021年度柳城豊田幼稚園の子どもたちが全員幼稚園に集まりました

園生活が楽しみです

 

乳児入園式

2021年4月8日 木曜日

温かな春の日差しと花々の優しい香りが

乳児クラスの子どもたちの入園をお祝いしているかのようです

本日の入園式をもって乳児クラスの子どもたちが本園へ仲間入りしました

 

椅子にちょこんと腰を下ろして不思議そうに会に参列する子

保護者に抱かれながら会に参加する子

様々な年齢・月齢の子どもたちが集まり

これから乳児保育が始まります

 

この園で、この保育室で

子どもたちがたくさんの愛を受け

たくさんの経験をして

たくさんのおいしい食事をとり

大きく大きく成長してくれることを

応援しています

2021年度始業式

2021年4月7日 水曜日

ぐっと園内が活気づきました

やはり子どもたち一人一人の活力は大きいことを実感します

今日は入園式前なので、

昨年度まで園に通っていた子どもたちがお先に1年のスタートです

名札の色が変わり靴箱やロッカーの場所も変わりました

何より日多くの時間を過ごす保育室や保育者が変わったことが大きい変化でしょうか

「新しい靴箱どーこだ?」

「○○君のお隣だね、嬉しいね」

「おはようございます、今日から○○組だね」

晴れ晴れとした嬉しい会話が所どころで聞こえてきました

 

今日は大きな第一歩の日

2021年度も『愛によって互いに仕えなさい』

そして 『互いに愛し合うわたしたち』という園の基本理念を基に子どもたちに寄り添い過ごしていきたいと思います

2021年度修了式

2021年3月19日 金曜日

本日2021年度の修了式が執り行われました

これまで1年間多くの時間と経験を共有してきました

このような過去にない難しい状況の中でも

こうして無事に1年間の締めくくりの日を迎えられたことに感謝と安どの気持ちでいっぱいです

 

式では箭野司祭をお招きして礼拝を行い1年の無事と成長を感謝しました

今年度いっぱいでの退園時には「たくさん遊んで楽しかったね」「ばいばい、またね」と笑顔で挨拶

式の最後には「もうすぐ大きい組さん」

「春には小さなお友だちがたくさん来ます」「優しくしてね」と大きくなった実感

 

バスの写真は降園直前にパチリ

「車内からのバイバーイ」

の声が聞こえてきそうな写真です

 

1年間ありがとうございました

 

 

忍者理事長が見ている

2021年3月19日 金曜日

「忍者理事長?」

「だれ?忍者?」

年中クラスでのお楽しみ会で

こちらもざわざわしていました(笑)

 

どうやら忍者理事長という方が年中組のクラスにある“穴”から1年もの間

子どもたちの行いを見ていたと知らされた模様

「○○くん、いつも給食をたくさん食べれたね」

「元気な声で歌を歌っていたね」

「○○ちゃん、オモシロイ話をしてみんなを笑わせてくれてたね」

全てお見通しの忍者理事長に驚きつつも

言うこと全て当たっているのでもう信じるしかない…

1年間修業を積んできた年中組の子どもたち

巻物を一人ひとり受け取って無事年中組での修業は修了

 

次なるステージへ年中組も

「よし、行くぞ!!」

 

がらがらどん再び

2021年3月19日 金曜日

「ガタゴト ガタゴト」

「あっ、がらがらどんだ!」

もも組の子どもたち

生活発表会で親しんだ『3匹のやぎのがらがらどん』

今日はお楽しみ会で人形劇を楽しみました

 

なんとも可愛らしヤギたちと

こわーいトロル

ぐぐっとお話に引き込まれます

 

お楽しみ会はまだまだ続きます

次は園庭に出て『おやつタイム』

春の温かな日差しに包まれながら

みんなでまぁるく輪になって「いただきまーす」

 

「おいしいね」

「ももぐみのオトモダチだね」

「またあそぼうね」

神様のもとで大きく大きくなりました