‘行事’ カテゴリーのアーカイブ

避難訓練

2021年9月13日 月曜日

今回の避難訓練は

大きな地震が発生するという

情報が出たことを想定して行いました

 

情報が園内に伝達されると職員室に

学年主任や各業務担当者が集まり

指示の確認や情報の伝達について共有した後

園児の移動や待機に移りました

 

保育者が保護者役となり園児受け渡しの手順も確認

様々な場面を想定して計画し動くことで

改善点や疑問点も浮き上がります

 

昨夜の地震も突然の地響きに驚きました

そして恐怖心も湧きました

繰り返し訓練と改善を行い

子どもたちや保護者 そして職員も

安心して園での時間が過ごせるように努めます

 

※災害の予兆が発表された場合や発生時(地震・台風等も含む)※

ライフラインや情報システムが一時的に寸断され

園からすぐにお知らせが出来ない可能性もあります

その際は保護者がご自身でテレビやラジオで情報を入手次第

安全を確保した上で園へのお迎えをお願いします

実際の災害時に保護者が迎えに来られない場合には

緊急保育を行いお子様を園にてお預かりしてお迎えを待ちます

園生活のしおりにも記載がありますので再度ご確認願います

スイカ割り

2021年7月20日 火曜日

大きなスイカが子どもたちの目に映ります

「スイカ割りの日だね」「スイカ割れるといいな」

夏の風物詩スイカ割りの日を待ちわび気迫が伝わってきます

(スイカを割りたいより早く食べたい気持ちの方が強いかも!?)

 

目隠しした年長児がスイカ割りに挑戦

「みーぎ みーぎ」「まーえ まーえ」「ストップストップ そこだ!」

力強いアシストを受けながら集中してスイカに歩み寄ります

皆の声を聴いて そろそろこの辺だ それっと竹の棒を振ります

カタン…あらハズレ 残念

ポコン…やったぁ 大当たり

立派なスイカでしたのでなかなかのつわものでしたが

無事子どもたちの口に入ることができました

「スイカおいしいね」「すいかわりまたやりたいね」

赤色スイカに黄色スイカ「へぇ、スイカって色んなスイカがあるんだね」

避難訓練

2021年7月1日 木曜日

6月も終わりを迎え、子どもたちも園での生活に慣れてきました

安心して幼稚園生活が送れるよう、

6月30日に“地震”からの“火災発生”を想定しての避難訓練を行いました

地震が起こった際には机があれば下にもぐって身を守り、身を隠す場所がなくてもダンゴムシポーズをして大切な頭を守ります

訓練を重ねていくうちに落ち着いて保育者の話を聞き、避難の行動がとれるようになってきました

 

訓練を行うたびに改善点も見えてきます

「これで完璧」のない災害への備えを

積み重ねていきます

移動動物園

2021年6月25日 金曜日

朝一番から幼稚園の園庭がとっても賑やかです

子どもたちも登園早々、目を輝かせて

「わんちゃんいるね」

「ヤギさんいる」

「あれはなーに?(小さくて毛がフサフサでかわいい動物です、何でしょう)」

園庭を隅々まで見渡します

 

いよいよふれあいの時間

子どもたちが自宅から持ち寄った野菜や果物を

柵から身を乗り出して欲しがるヤギに、

腰が引け気味の子どもたちでしたが果敢に野菜を口元に近づけコミュニケーション成功

また、いちご動物園の動物たちの名前がとってもかわいくてよりお近づきになりたくなってしまうのです

お喋りするうさぎのいちごちゃん

ボールやフリスビーのキャッチが上手な犬のあんちゃん

羊のチェリー、カメの35歳や40歳(ママと同い年!?)

アヒルのハンバーグ(食べ物ではありません、名前です)

存分に観察し、触れ合いとても貴重な機会となりました

 

触れ合いとショーを楽しませていただき、最後には素敵なプレゼントをいただきました

いちご動物園の動物たちとスタッフの皆さんにまたお会いできる日を楽しみにしています

 

※最後になりましたが、文章冒頭の小さくて毛がフサフサでかわいい動物の答えは『モルモット』でした!

 

 

水遊びスタート

2021年6月18日 金曜日

今日から水遊びがスタート

司祭様に水遊びの安全と子どもたちの健康をお祈りしていただいた後

早速水に入りました

水の冷たさや感触を楽しんだり、水鉄砲や魚すくい

色水遊びと水遊びならではの遊びを楽しみます

この後は他の学年も順次水遊びが始まっていきます

年長さんの楽しそうな雰囲気を感じたことで他の学年の子どもたちも期待が増したら嬉しいな

健康であるために

2021年6月18日 金曜日

この季節は園でも検診が行われています

歯科検診に内科検診と子どもたちの胸はドキドキ

それでも先に歯科検診が行われていたので、

「ヨウチエンのお医者さんは痛いことしないよ」

「こわくないよ」と気が付きました

 

大きな口を開けるのも

聴診器で胸の音を聴くのも

骨の状態を確認するのも

あっという間におしまい

 

子どもたちが健やかに成長していくことを祈っています

 

胸がドキドキ歯科検診

2021年6月4日 金曜日

幼稚園がいつもと違う雰囲気

病院の服を着ている人がいる

子どもたちの感性はとっても豊か

「何か違う」気配に胸がドッキドキ

 

何度目かの経験となる年中・年長の子どもたちは

「ヨウチエンの歯医者さんは痛いことしないよ」

「口を大きく開けたらすぐにおしまい」

さすが経験者、余裕があります

 

ここで胸の高鳴りが止まらないのが

ハジメテノ・シカケンシン・乳児さんと年少さん

痛いことしない?注射しない?色々な不安が頭をめぐります

でも歯医者さんは昭和の時代からずっと豊田幼稚園に来てくださっている

大ベテラン先生(幼稚園職員よりも幼稚園の歴史を深くご存知かも知れない)

あっという間に面白く検診終了

 

…あれ?もうおしまい?

幼稚園での歯科検診「で・き・た」

来年の姿に乞うご期待

 

誕生会で新しい試み

2021年6月2日 水曜日

コロナウィルスが猛威を振るっています

世界中の人々が一日も早い終息を願い

子どもたちの「今」しかできない経験の場を取り戻したいと思っている事と思います

今こうしてコロナウィルス変化と新しい形の模索が求められる中

柳城豊田幼稚園ではこれまで園で一緒にお祝いいただいていた誕生児の保護者に限定をし、誕生会の動画配信を試みを始めました

ちょっと特別だけど

普段の園での子どもたちの様子や表情

動画を通してお祝いの気持ちが分かち合えたら嬉しいです

避難訓練

2021年5月31日 月曜日

どんな天候・どんな時間・どんな状況でもやってくる“災害”

大切な子どもたちの命が集まるこども園

だからこそ日頃の備えは万全を期して子どもたちを迎え入れなければなりません

日常点検のみならずこうして災害に対しての訓練も重要です

 

「ダンゴムシのポーズ」とても可愛らしいネーミングですが、これが身を守るとっても大切な姿勢

頭を抱えて体を小さくして身を守るのです

子どもたちにもイメージがしやすく伝わりやすい

 

今後も地震・火災・地震からの火災・不審者など訓練を重ね、自然と体が動き大切な命を守る訓練を重ねていきます

年長味噌作り

2021年4月14日 水曜日

年長児が味噌作りに挑戦

朝から味噌作りの工程を記したホワイトボードを前に「ふむふむ」「こうやって味噌ができるのね」勉強熱心です

 

いよいよエプロンをつけて味噌作りスタート!

①前日からたっぷりの水につけ大きくなった大豆を茹でて

②こうじをほぐす「優しくね」「ふわふわだね」

③茹でた大豆をつぶして「……」夢中になりすぎて無言

④つぶして つぶして もう一回り

まだまだつぶして「お豆のにおいする」「さっきと形が違うよ」みんなで大豆をつぶしていくうちに大豆の感触や形が変わることに驚き

⑤つぶした大豆の中に麹を入れてまたまた混ぜます。

⑥混ぜた大豆を団子にして、空気が入らないように容器にぎっしり詰めていきます

⑦塩をふってラップをかけて、重しを置いて美味しくなーれと祈ります

 

豆こうじを多く入れた『赤味噌』

米こうじを多く入れた『合わせ味噌』

2種類の味噌は涼しい所でゆーっくり寝かせます

次に子どもたちが今日仕込んだ手作り味噌に再会するのは1月頃の予定です。

味噌も子どもたちも味わい深い成長を見せてくれることを願うばかりです