‘行事’ カテゴリーのアーカイブ

アドベント礼拝~4週目~

2022年12月9日 金曜日

いよいよアドベント礼拝も4週目を迎えました

今回は黄色のロウソクに火が灯りました

星や太陽の色を表す黄色のロウソクは“光”“希望”を意味します

黄色を見ると必ず良いことがあるんだと思い出しましょうと司祭様からお話がありました

意識して身の回りを見ると黄色は意外とたくさん身近にあります

良いことや幸せはたくたん近くにあることを改めて嬉しく思いました

 

もうすぐイエス様のお誕生日であるクリスマスの日です

聖劇にも登場する「黄金」「没薬」「乳香」はイエス様へのお誕生日プレゼント

つまりは世界で一番最初のクリスマスプレゼントであり

お誕生日プレゼントかもしれません

プレゼントをもらうこととは皆が神様やたくさんの人々から

愛されている証でもあるのですね

子どもたちも自分のお誕生日の日を思い出しながら

司祭様のお話に耳を傾けていました

 

 

クリスマス礼拝目前②

2022年12月8日 木曜日

年少・年中児も一緒にクリスマスのお祝いの準備です

ページェントを見て「かっこいい…」「私大きくなったら○○になりたい」

大きくなることへの楽しみがまた一つ増えました

 

クリスマスのお祝いは特別な日です

いよいよ1週間後はクリスマス礼拝

皆で健やかに温かくクリスマスのお祝いをしたいと思います

クリスマス礼拝目前①

2022年12月8日 木曜日

クリスマス礼拝が目前となってきました

はじめて衣装に身を通し期待と緊張でいっぱいだった

年長の子どもたち

それでもこれまで年少・年中から憧れてきたクリスマスページェントを通して「楽しい!」「嬉しい!」という言葉が聞こえてきたことはこちらも嬉しいことでした

ひまわり組 保育参観

2022年11月25日 金曜日

今日はひまわり組の保育参観日

幼稚園におうちの人が来てくださるのは

いつでもどんなことでも嬉しいものです

手に触れたり体を寄せたり

にっこり微笑み合ったり

幸せな時間が流れます

 

クリスマス礼拝に引き続き

親子でクリスマスツリー作りをしました

モミの木がお気に入りの飾りつけで華やかになっていきます

「雪だるまできたね」「何色にしようか?」「すごーい!!」

おうちの方と手を合わせながら世界で一つだけのクリスマスツリーの完成です

 

アドベント礼拝~2週目~

2022年11月25日 金曜日

アドベント礼拝

今日は2本目の赤いロウソクに明かりが灯りました

赤いロウソクが意味するのは“愛”

神様から皆に「だいすきだよ」とメッセージが届くかのようです

 

司祭様は子どもたちに問いかけました

「神様ってどんな人?」

「おじいちゃんみたいな人?」「上の方にいる人?」

子どもたちは静かに耳を傾けます

きっと心の中でどんな人だろう?と想像し問いかけていたことでしょう

神様が12月25日に皆と同じように人間の赤ちゃんとして生まれてきた意味…

きっと皆のことが大好きだから皆と同じ人間となって友達になって遊びたかったんじゃないかな

とお話しされました

“神様はいつも一緒にいるよ”“決して遠いところから眺めているわけではないよ”

つまりはみんなの体や心の中に神様はいるよというメッセージなのかも知れません

おたんじょうびおめでとう

2022年11月25日 金曜日

園内はクリスマスの飾りつけが所々にあり

クリスマスをお迎えする聖歌を子どもたちが響き渡っています

一年のうちで園内が一番華やかで厳かな雰囲気になる季節です

 

クリスマスの装飾がされたホールでは年長のお誕生会が開かれました

お楽しみ会ではドッヂビーを楽しみ

「お誕生日の子に投げさせてあげようよ」粋な計らいも

 

待ちに待ったおたんじょうかいの日

お誕生会が終わった子も

今回お誕生会だった子も

これからお誕生会を迎える子も

誰にとっても特別な日です

さくら組 保育参観

2022年11月18日 金曜日

アドベント礼拝に引き続きさくら組の保育参観を行いました

クリスマスまでのアドベント礼拝に合わせて保護者の方々にもご参加いただき

準備とお祝いを共に子どもたちの様子を見ていただいたり

一緒に楽しい時を過ごしていただきます

 

さくら組ではクリスマスツリーを制作しました

ツリーの飾りは型取りをしてそれぞれに好きな飾りを付けていきます

「これ切る?」

「それじゃママが貼っていこうか?」

「オレンジやピンクの星もあるね、どれにする?」

「お顔のある雪だるまもいるね、あ!髪の毛もあって温かいね」

切ったり貼ったり色を塗ったり柄を入れたり

おうちの方と一緒に作ったクリスマスツリーは今季一番の宝物になったりして♡

アドベント礼拝~1週目~

2022年11月18日 金曜日

いよいよイエス様のお誕生を皆で心待ちにするアドベント期間に入りました

こうしてクリスマスを迎える準備を積み重ねます

1週目の礼拝では紫色のロウソクに明かりが灯りました

紫色のロウソクは“悔い改め”“懺悔”を意味します

一つ一つのロウソクにすべて意味が込められています

また追ってお伝えしますね

 

今回の礼拝では司祭様からイエス様が生まれた意のお話がありました

神様とマリア様が「だいすきだよ」という思いをもってイエス様がお生まれになった

それまでは神様ってどんな方か分からなかった

裁く神?それとも愛にあふれた神?

イエス様が人間の赤ちゃんとして生まれたことは

神様が人間の皆のことが「だいすき」ということ

命のお誕生は「だいすき」という気持ちや「愛」がないと

生まれてこない

神様は目には見えないがいつもみんなのことを抱きしめてくれているんだよ

 

アドベント礼拝をかさね神様に思いを馳せます

収穫感謝祭

2022年11月1日 火曜日

実りの秋に収穫を得たことの喜びを共に分かち合い、神様に感謝する

収穫感謝祭

現代では季節を問わず様々な食べ物が手に入れられ食卓に並びます

こうしたことは決して当たり前ではなく多くの方々の力と思いの賜物です

 

子どもたちは祈り歌をうたい感謝の気持ちを表し

ぎゅっと握った小さな手がその思いを表現しているかのよう

 

収穫感謝祭の時を越すと本格的に冬を迎えます

クリスマスの準備を子どもたちと共にじっくりと温かな時を過ごしていきます

遠足~年少入山公園へ~

2022年10月28日 金曜日

元気 いっぱい

水筒 持った

お散歩バック オッケー

オトモダチと手つなぎ ぎゅっ

 

先生とオトモダチと一緒に出掛ける公園は格別にオモシロイ

交通安全に気を付けて入山公園に出発です

公園にはドングリやきれいに色付いた落ち葉もたくさん落ちていて

みるみるうちにお散歩バッグに詰まっていきます

公園の遊具でものびのび遊び公園を後にしました

 

園に戻っても“特別な一日”は続きます

普段はなかなか登れないと言われる柳城山(標高△メートル)に登り

おむすび弁当タイム

秋の風といつもとは全く違う風景に食欲も増します

「これ味が違うんだよ」

「おおきいおにぎり全部食べたよ」

嬉しそうにおむすびを頬張っていました

食後にはおやつの時間 幼稚園で食べるおやつも格別の味でした