‘行事’ カテゴリーのアーカイブ

もちつき  ぺったん! ぺったん! ぺったんこ!!

2014年1月10日 金曜日

今日は、餅つき大会。

昨日から役員が準備を始め、今朝は早くから餅つき業者が来園。登園したばかりの園児は、「これな∼に?」「何してんの?」と興味津々です。

お天気にも恵まれて、テラスに臼と杵が用意されると、次に出てきたのがせいろで蒸したもち米でした。

ほわほわほわ・・・寒い空気にもち米から湯気が上がります。いい匂いがします。

「よいしょ、ヨイショ、よいしょ」

園児たちの声にも力がこもります。

やがて・・・もち米はおいしいお餅になりました。

しょうゆ餅ときな粉餅にしておいしく頂きました。

焼き芋パーティー 大盛況

2013年12月20日 金曜日

もくもくもくもく・・・白い煙がたなびいています。

園庭では、早朝からたき火が始まりました。

テラスでは、園児たちがサツマイモをぬれた新聞紙とアルミホイルで包んでいます。

たき火の勢いが落ち着いてきた頃、園児たちが聞きます「もう入れてもいい?」

パチパチパチパチ…オレンジ色の日が時折見えています。アルミホイルが次第に色を変えていきます。

たき火の中から、一つ拾って柔らかさを確かめます。

やがて、甘ーい匂いが漂ってきました。

その後、園児みんなで焼き上がったサツマイモをおいしくご馳走になりました。

今日は クリスマス祝会二日目でした

2013年12月18日 水曜日

夜明け前からの冷たい雨が降り続いています。

外は寒々とした色ですが、会場のホールの中は、ぽかぽかあたたか色です。

今日はクリスマス祝会の二日目,Bグループの年長・年中・年少児が礼拝とページェントを行いました。

園児一人ひとりにとって、光に包まれたよいクリスマスになりました。

園児たちは、祝会の初めから最後まであたたかい眼差しで懸命な姿を見守っていた来場者に、たくさんの感動をプレゼントしてくれました。

 

小さな命を育むことを委ねられた父母の皆様にも、クリスマスの喜びと祝福が豊かにありますように。

皆様、クリスマスおめでとうございます!

今日は、クリスマス祝会の一日目でした

2013年12月17日 火曜日

柳城短大附属豊田幼稚園では、毎年この時期になると、年長児から満3歳児までが混合で『クリスマス祝会』を行っています。

『クリスマス祝会』は、第一部がクリスマス礼拝、第二部がクリスマスページェント(生誕劇)です。

会場のホールには、父母や祖父母や園児の弟妹が大勢集まって下さいました。

園児たちは、ベストコンディションで臨む事が出来ました。

終了後、園児からは「成功だったよ!」と満足顔。

おいのり・がまん・しんせつ・おてつだい  イエス様への贈り物

2013年12月16日 月曜日

アドベントも4週目に入りました。いよいよ今週、クリスマス祝会を迎えます。

これまで毎日、イエス様へのクリスマスプレゼントにする為に、全園児がお祈り・我慢・親切・お手伝いに励んできました。

目には見えないけれど、とっても価値のある贈り物になることは間違いありません。

こうして、園児一人ひとりの心のお家がすっかりきれいに掃除され、イエス様をお迎えする準備が整いました。

そうして、ページェントも今日の最終リハーサルで準備完了です。

園児にとってもご家族にとっても、よいクリスマスを迎えられますように!

ひまわり君、コンニチワ

2013年11月28日 木曜日

今日は、とっても珍しいお客様が来園。

ひまわりネットワークの人気キャラクター「ひまわり君」です。

園児たちは大喜び。手を振ったり、コンニチワと声をかけたり・・・ひまわり君は、その都度応えてくれます。(流石)

この後、園児たちとひまわり君は一緒に『エビカニクス』を元気いっぱい踊ったのでした。

楽しかったね!

アドベントの季節が始まりました

2013年11月25日 月曜日

クリスマスまであと一か月。

私たちの幼稚園でも、ほかのキリスト教の幼稚園と同様に、イエス様のお誕生をお祝いするクリスマスの準備期間(アドベント)に入りました。

今日は、アドベントロウソクの5本の内の紫色のロウソクに火を灯しました。

ロウソクの光を見つめながら、年長児がお祈りの言葉を発表して、園児皆がそのお祈りに心を合わせてお捧げしました。

今週は、戦争や内戦が終わらない地域で暮らしている人々の悲しみや苦しみに特に心を向けながら、本当の平和が訪れるよう願いつつ毎日を過ごしたいと思います。

ぱくぱく教室で 沢山の大切なことを学びました

2013年11月20日 水曜日

今日は、年中児親子を対象に、豊田市保育課の企画で「ぱくぱく教室」が開かれました。

年中児も保護者も、管理栄養士さんの興味深い話題や魅力的な教材に、すっかりひきつけられた様子で参加しています。

栄養士さんは、食べ物と体やエネルギーや運動や思考や精神などとの関係を、とても分かりやすく教えて下さいました。

その後、給食タイムに入った年中児、オヤッ?いつもとは異なる雰囲気です。

それもそのはず。目の前の給食と聞きたてのホヤホヤのお話とがつながったようなのです。食べ物が年中児の身となり、肉となるとよいですね。

ちびっこおまわりさん 登場!

2013年11月14日 木曜日

今年度、愛知県内の交通死亡事故が例年よりも多く発生していると聞きます。

自分は関係ない・・・と思いたいところですが、日頃から、意識し行動できるようにすることがとっても大事ですね。

幼児期は、何かに目が向くと全身全霊がそちらの方向に向くようです。そのため、大人が予想もできない行動に出て、周囲の大人を驚かせることもありますね。

車社会の中で育っている子どもたちには、交通ルールを守ることによって、自分の身は自分で守るという力をつけなければなりません。

外は子どもにとって大変魅力的なもので溢れています。時には、交通ルールよりも優先させてしまうことでしょう。

今日の「ちびっこおまわりさん」の活動が、園児にとって安全に行動する意識に繋がりますように・・・

 

お鍋ぜーんぶ からっぽ!

2013年11月13日 水曜日

おとといの収穫感謝祭の後、お捧げした作物のうち人参・ジャガイモ・玉ねぎをカレー作りのためにとっておきました。

全園児が食べられるだけのカレーを作ろうと、豚肉と足りない野菜を買ってきました。

そうして今朝、年長児が三角巾にエプロンにマスクを着けてコックさんになりました。自分で何とかしようとする姿や後ろに結び目を作れない友だちを手伝う姿も・・・、その後手を消毒し、みんな準備万端で作業に入りました。

今日のお昼ご飯は、ホールに全員集合してカレーパーティーです。

年中・年少・満3歳児が、お兄さんお姉さんの作ったカレーを「おいしい、おいしい」と笑顔で食べます。お代りをする人がゾクゾク。とうとうお鍋がからっぽになってしまいました。お見事!

ごちそうさまでした!