‘園生活’ カテゴリーのアーカイブ

おはなし きかせて!

2014年10月23日 木曜日

♪ 始まるよったら、始まるよっ、始まるよったら、始まるよっ ♪

ここは、満3歳児の教室です。

子どもたちが、ワクワクしながら担任に注目しています。

今日のお話は、「あかずきんちゃん」。

お話が始まると、あっという間にお話の世界に引き込まれていく子どもたちです。

春の頃には、お話が始まってからしばらくはソワソワして、つい動き出してしまう子どもたちでした。

けれども、聞けば聞くほど理解力も付いてきたのでしょう…お話の面白味が感じられるようになると、長いお話でもじっと聞いて楽しめるようになっていくのですね。

人が話す肉声に勝るものはありません。

色々なお話を聞いて、心豊かに育ってほしいと願っています。

チャプレンとランチ♡ おいしいねっ!

2014年10月10日 金曜日

毎月、お誕生会の日の昼食は、チャプレンとランチ♡

今月は、年少のクラスに訪問しました。

食卓が整うと、当番の園児がチャプレンを呼びに行きます。

「白い服のカミサマ、一緒に食べよ∼」

子どもたちは大歓迎です。

チャプレンがいるだけで、お部屋の中の空気が和むよう…

色々なお話で盛り上がり、とっても楽しいランチでした。

また、今度♡

どんぐり コロコロ どんぶりこ  Part.2

2014年9月26日 金曜日

園庭のどんぐりが、昨日の大雨でどんどん落ちて来ました。

園児はなぜか、まん丸の「どんぐり」の実だけをセッセと拾いますが、「かさ」(別名:帽子)にはあまり目を向けません。

たくさん拾い集めた「どんぐり」は、爪楊枝を刺してコマにしたり、おはじきのように転がしたり、ただただひたすらコレクションしたり…等などで楽しみました。

偶然、殻の割れたどんぐりをむき始めた子どもたち、どんぐり団子を作ってみようか!?ということに・・・

自然の恵みに心を動かし、神様に感謝しつつ、大満足の日々なのです。

 

歯を磨きましょ  シュッ シュッ シュッ!

2014年9月22日 月曜日

「ごちそうさま」の後は?

は~い。 もちろん、「歯磨きタイム」で~す!

通園カバンから歯磨きセットを出して、歯に付いた食べかすをブラシで取り除きます。

初めの頃は、歯ブラシをおしゃぶりのようにくわえたり、ガシガシと歯でかんでみたり、持ち歩くだけで満足そうな人の姿が…

けれども、家庭でも食事の後に歯磨きをしたり、親から仕上げ磨きをしてもらっているからでしょう。

歯磨き後のサッパリ感や気持ち良さを実感している子どもたちなので、自分から進んで歯磨きを始めることが出来ています。

自分の歯を自分で守って、食事をおいしく食べられることに感謝する日々を過ごせるよう願っています。

 

ココ掘れ ザックザック、 ココ掘れ ザックザック 

2014年9月19日 金曜日

この頃、本園のブームは《大きな大きな穴掘り》です。

スコップを手にした園児たちが、セッセと穴を掘り続けるのです。

やがて、満足そうに手を休めると、次に先生を呼びに行きます。

「目をつぶってね、こっちに来て」手を引いて、慎重に案内します。

「目、開けちゃだめだよ」念を押して案内します。

穴の近くに先生が到着すると、周りの子どもたちが期待で目をキラキラさせながら様子を見守ります。

「わ~!! びっくりした~!」

先生の声に、子どもたちは『シテヤッタリ』大満足です。

こうして、再び穴を掘り始め、次の先生を呼びに行くのでした。

どんぐり コロコロ どんぶりこ!

2014年9月16日 火曜日

3連休開けの今日、登園した園児は園庭を見て思わず大歓声をあげました。

園庭の大きな木の下に、ドングリが散らばっていたのです。

園児は身支度もそこそこに、急いでドングリを拾い集めました。

いくつもいくつも拾いたいのに、2つか3つで手がいっぱいになります。

そこで、バケツや容器を活用。

集めたドングリを森のお家に運びました。

ご覧ください。

ドングリ屋さんの開店です!

オモチャが 「ただいま~」 帰るところ

2014年9月8日 月曜日

ここは、年少組のお部屋です。

子どもたちと仲良しのオモチャや絵本は、毎日大活躍、自由遊びの時間に出番が来ます。

待ってましたと、大喜びのオモチャや絵本ですが、遊びの時間が終わるとどこからともなく「エ~ン エ~ン」・・・

迷子のオモチャが泣いています。

あちこち迷子になったオモチャを何とか助けようと、工夫することにしました。

写真と同じおもちゃを収納してもらうことにしたのです。

さて、迷子がいなくなるといいのですが…

ほんわか ふんわり ホットケーキの 出来上がり

2014年8月29日 金曜日

朝晩涼しくなってまいりました。

今日は、ホットプレートを持ち出して、ホットケーキを焼きました。

じゅわ~っとタネを鉄板に流し込むと、甘くておいしい匂いが部屋中に広がります。

少しすると、プツプツ穴が開き始めました。フライ返しでひっくり返すと、こんがりきつね色に…「わ~♡ おいしそう」

 

裏側もこんがり色になると、待ちに待った、ホットケーキの出来上がりです。

早速、「いっただっきま~っす!」

パクッと一口で食べるのもいいけれど、ちょっぴりずつゆっくりと味わうのもいいな。

 

お母さんの 手作りお弁当 オイシイネ!

2014年8月26日 火曜日

お腹ぺっこぺこの園児たちが、ウキウキソワソワ…

朝から楽しみにしていた「お弁当」タイムです。

お弁当の包みを開けると、そこにはお母さんの顔やお料理する姿があります。そして、何よりも、お母さんのあたたかい想いが感じ取れるのです。

いつも作り手を感じながら食事をする子どもたちですが、お弁当は特別ですね!

おいしかったです、ごちそうさまでした。

これで、午後のエネルギーは十分です。

午後のひととき・・・「おやすみなさ~い」

2014年8月25日 月曜日

雨上りの月曜日、かき氷のおやつを終えて、水遊びを始めようとする頃には、まぶしい太陽が顔を出して、子どもたちを外に誘っていました。

ひとしきり水遊びを満喫した後、絵本を楽しんでひとやすみ。

お昼には、お母さん手作りのお弁当をおいしく頂きました。

心も体も満たされた子どもたちには、やがて「おやすみなさい」の妖精が誘いかけます。

お昼寝タイムの始まりです。

時折聞こえるセミの声と、金魚の水槽のポンプの規則正しい音が、眠りを誘います。

どんな夢を見ているのかな?