‘環境’ カテゴリーのアーカイブ

どんぐりコロコロ 見~つけた!

2015年9月11日 金曜日

一昨日の台風の風でも落ちなかったどんぐりたちが、地面に落ち始めました。

見事な茶色です。

立派な大きさです。

どんぐりを発見した子どもたちは、大喜び。

他にも落ちていないかと、園庭のあちらこちらを探します。

どんぐり大集合!

「ほ~ら、こんなに大きいの、見つけたんだよ」

しばらくの間、どんぐり自慢で盛り上がっていました。

小さい秋 見つけた

2015年8月28日 金曜日

園庭に栗の木が1本立っています。

春、その枝には、沢山の花が付いていました。

夏の間に、小さな小さなイガ栗がチョコンと、あちらこちらの枝に付き始めました。

そうして、今日、元気にはじけた栗の実が、木の周りに散らばっていたのです。

秋が、すぐそこまで来ているのですね…

床が 生まれ変わって ピカピカに・・・

2015年8月15日 土曜日

ジャ~ン!

床のあちらこちらの色が剥げていた、さくら・ひまわり組保育室の床が、お陰様で、こんなにきれいになりました。

これからも、園児はじめ園を訪れる多くの方が気持ちよく過ごして下されば幸いです。

残暑お見舞い 申し上げます

2015年8月14日 金曜日

今日は昨日とは打って変わって、夏の強い日差しが照りつけ、セミたちも賑やかに鳴き始めました。

ホームページを訪れて下さった皆様は、お元気でお過ごしでしょうか?

水槽の中から失礼いたします。

私どもは、この幼稚園に住んでいる金魚でございます。

いつも、かわいい子どもたちが真直ぐな瞳で見つめてくれまして、それはもう、生きがいを感じる日々なのでございます。

今週は、工事の方がかまってくれますので、それも嬉しいのですけれども、ね。

来週は、再び子どもたちに会えると思いますと、楽しみで楽しみで…。

それでは、皆様、ごきげんよう。

 

お腹が ペッコペコ~

2015年8月13日 木曜日

今週の月曜日、1羽のアゲハチョウが嬉しそうに飛び立ちました。

その後、チョウの部屋では、3つの蛹が静かに暮らしています。

水曜日、ふと、目を向けると、心なしかクロイモノが増えている気がします…

木曜日の朝、葉っぱがすっかり食べ尽くされているではありませんか!

そうして、姿を見せたのは、むっちりと太ったきれいな緑色のアオムシ君。

アオムシ君は、食べ物が無いよ!!、と不満気な様子です。

手に入れて来るから、もう少し待っていてね。

床が どんどんキレイに なっていきます

2015年8月12日 水曜日

ゴーッガーッ、ウイーン…ゴーッガーッ、ウイーン…

幼稚園全体に機械の音が鳴り響きます。

この度、37歳になった「さくら組」「ひまわり組」の保育室の床に感謝を込めて、お色直し工事をすることにしました。

毎日のように、園児など多くの人が過ごした保育室の床が少しずつ少しずつ色あせてきたのです。

暑い中を職人さんたちが、根気よく機械を動かしています。

見る見るうちに、床が生まれ変わっていきます。

これからも長くお世話になりますよ…そんな気持ちで工事を見守っているところなのです。

あ~、いい気持ち

2015年8月7日 金曜日

暑さきびしい折、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

園庭の野菜や果物も暑さにめげず、収穫の時を迎えています。

そこで…

あまりの暑さに、行水をすることにしました。

氷をゴロンゴロンと入れて、よ~く冷えたところに…ドッボーン。

夏の日の行水、気持ちいいですよ!

皆さまも、如何ですか?

絶望が 希望に かわる時・・・

2015年7月29日 水曜日

「あ、あそこ」「ホントだ」「わー、ヨカッタネ」「うん、今度こそ大きくなれるとイイね」

今月初め、幼稚園のスイカ畑で順調に実を付けたスイカが3個とも、ヒヨドリにつつかれて大きくなれませんでした。

園児も保護者も、毎日のようにスイカの成長を楽しみにしていましたので、それはそれはガッカリでした。

ところが、今週に入ってから発見!したのです。

もうダメだと思っていたスイカのツルに、新しい実が付いているのを。

植物の生命力のすごさに、毎日、沢山、励まされています。

 

ようこそ! カブトムシ君

2015年7月28日 火曜日

ある所に、カブトムシを捕まえる名人がいました。

名人は、カブトムシが集まる場所と時間をよ~く知っています。

カブトムシたちがいつものように出て来ると…あっという間に名人に捕まってしまいました。

名人は、沢山のカブトムシを幼稚園に連れて来てくれました。

そこで、家で飼いたい人たちが飼育ケースを持って来て、カブトムシを受け取ることになりました。

カブトムシを受け取った子どもたちは、大喜びです。

カブトムシを迎えた家庭では、カブトムシを通して話題を膨らませたり、親子の会話が弾んだりすることでしょう。

 

おたんじょう  おめでとう!

2015年7月17日 金曜日

園庭の片隅に小さな池があります。

その池の中には、オタマジャクシ(カエル)やアメンボ、ヤゴ(トンボの幼虫)やタニシやヒル、それに、水草が共生していました。

7月16日(木)午前8時。

池のふちに上り詰めたヤゴから、ムクムクとトンボの体が現れてきました。

トンボの誕生です!

職員が周りで息をのんで見つめます。

見る見るうちに、トンボになっていく様は、神秘!感動!そのものです。

いのちの不思議に触れられた素晴らしい一日になりました。