‘2022年度’ カテゴリーのアーカイブ

アドベント礼拝~4週目~

2022年12月9日 金曜日

いよいよアドベント礼拝も4週目を迎えました

今回は黄色のロウソクに火が灯りました

星や太陽の色を表す黄色のロウソクは“光”“希望”を意味します

黄色を見ると必ず良いことがあるんだと思い出しましょうと司祭様からお話がありました

意識して身の回りを見ると黄色は意外とたくさん身近にあります

良いことや幸せはたくたん近くにあることを改めて嬉しく思いました

 

もうすぐイエス様のお誕生日であるクリスマスの日です

聖劇にも登場する「黄金」「没薬」「乳香」はイエス様へのお誕生日プレゼント

つまりは世界で一番最初のクリスマスプレゼントであり

お誕生日プレゼントかもしれません

プレゼントをもらうこととは皆が神様やたくさんの人々から

愛されている証でもあるのですね

子どもたちも自分のお誕生日の日を思い出しながら

司祭様のお話に耳を傾けていました

 

 

クリスマス礼拝目前②

2022年12月8日 木曜日

年少・年中児も一緒にクリスマスのお祝いの準備です

ページェントを見て「かっこいい…」「私大きくなったら○○になりたい」

大きくなることへの楽しみがまた一つ増えました

 

クリスマスのお祝いは特別な日です

いよいよ1週間後はクリスマス礼拝

皆で健やかに温かくクリスマスのお祝いをしたいと思います

クリスマス礼拝目前①

2022年12月8日 木曜日

クリスマス礼拝が目前となってきました

はじめて衣装に身を通し期待と緊張でいっぱいだった

年長の子どもたち

それでもこれまで年少・年中から憧れてきたクリスマスページェントを通して「楽しい!」「嬉しい!」という言葉が聞こえてきたことはこちらも嬉しいことでした

モミの木カード

2022年12月8日 木曜日

保育室でも冬の支度が進んでいます

クリスマスブーツやリースが揺れています

 

下の写真は『モミの木カード』といいます

全園児が赤ちゃんイエス様にプレゼントするお捧げものです

毎日の園生活の中で、イエス様が喜んでくださる「お祈り・がまん・親切・お手伝い(年長のみ)」

を実行し、実行できた日にひはモミの木カードにシールを貼ります

たくさんのシールがモミの木カードに貼られているということは

一人一人の子どもたちの毎日の祈りとはたらきのしるしですね

冬を創り上げる

2022年12月8日 木曜日

園内の所々で冬を感じられるようになりました

室内遊びも友達や先生ととっても楽しそう

壁面飾りはこれからさらに子どもたちと一緒に

創り上げていきます

冬の色

2022年12月8日 木曜日

12月に入り天気予報通りの寒さがやってきましたね

日差しも風もすっかり冬らしくなり冬空の下子どもたちは元気に遊んでいます

空の色

影の長さ

木々の装い

どれをとっても冬らしさを感じられるようになりました

 

今しかできないことや楽しめない色や香り

五感をめいっぱい使って感じたいものです

朝採れ野菜

2022年12月8日 木曜日

乳児園庭にある畑でこんなに立派な野菜が収穫できました

鮮やかな緑

シャキッとした茎や葉

とっても新鮮なことがよく分かります

 

この朝採れ野菜が乳児クラスの子どもたちの食事に加わり

おいしいだけでなく子どもたちの元気な体づくりに役立ってくれます

朝日

2022年12月8日 木曜日

早朝保育のお部屋で楽しそうな動きを発見

 

影を見つめて右へ左へ

手を組み合わせては影を楽しみ

道具も使って影の変化に興味津々

 

気持ちの良い朝日はこのような楽しさも与えてくれました

ひまわり組 保育参観

2022年11月25日 金曜日

今日はひまわり組の保育参観日

幼稚園におうちの人が来てくださるのは

いつでもどんなことでも嬉しいものです

手に触れたり体を寄せたり

にっこり微笑み合ったり

幸せな時間が流れます

 

クリスマス礼拝に引き続き

親子でクリスマスツリー作りをしました

モミの木がお気に入りの飾りつけで華やかになっていきます

「雪だるまできたね」「何色にしようか?」「すごーい!!」

おうちの方と手を合わせながら世界で一つだけのクリスマスツリーの完成です

 

アドベント礼拝~2週目~

2022年11月25日 金曜日

アドベント礼拝

今日は2本目の赤いロウソクに明かりが灯りました

赤いロウソクが意味するのは“愛”

神様から皆に「だいすきだよ」とメッセージが届くかのようです

 

司祭様は子どもたちに問いかけました

「神様ってどんな人?」

「おじいちゃんみたいな人?」「上の方にいる人?」

子どもたちは静かに耳を傾けます

きっと心の中でどんな人だろう?と想像し問いかけていたことでしょう

神様が12月25日に皆と同じように人間の赤ちゃんとして生まれてきた意味…

きっと皆のことが大好きだから皆と同じ人間となって友達になって遊びたかったんじゃないかな

とお話しされました

“神様はいつも一緒にいるよ”“決して遠いところから眺めているわけではないよ”

つまりはみんなの体や心の中に神様はいるよというメッセージなのかも知れません