全身で感じる

乳児園庭には小さな畑があります

春や秋には美しい花々

夏と冬には新鮮な野菜

一年通して子どもたちに変化や発見をくれる畑です

 

今日はいよいよ、まん丸に実ったカボチャと

ふさふさに葉が茂り土の中できれいな色を付けたニンジンの収穫です

「なにがでてくるの?」

「これはなに?」

見るものすべてに興味津々!

 

ゴロンと大きなカボチャや土から出てきたニンジンを抱えてびっくり

「おもたいな」

「おいしそう」

「たべていい?」

スーパーで売られている野菜の形との違いに少し驚いた様子でしたが

“重さ” “香り” “手触り”など子どもたちは体全体を使って収穫を楽しみました

 

 

「枝豆でーきた」

年中組の子どもたちが毎日みずやりをし、大切にしてきた枝豆がぐんぐん生長しました

たっぷり水を入れた重いじょうろを運んで「おおきくなぁ~れ」

子どもたちの優しさが届いたのでしょう

たくさんの枝豆が実り

「枝豆ってこうやって出来るんだね」

「なんか毛が生えてる」

「こうやって採るの?」

発見の連続

 

採れたての枝豆を茹でてみんなで食べると、甘くて味も濃くて何と美味しい!!

「また食べたいね」

「今度は何食べようか」

愉しみがまた一つ増えました

 

水遊び日和

園庭に響く子どもたちの明るく元気な声

今日は絶好の水遊び日和

あちらを見てもこちらを見ても

魅力的な仕掛けや遊びがたくさん

思い思いに自分の好きな遊びや気に入った場所で水と触れ合います

「幼稚園の水遊びって楽しい!」

「わぁ、こんな色が出来たよ」

「的に当たったよ、やったあ」

 

また水遊びが出来ますように

お天気の良い日がたくさん来ますように

特別な食事

月に一度の誕生会の日

この日はちょっぴり“特別”な時間がやってきます

箭野司祭と一緒に給食を楽しむのです

 

給食の準備が整うとクラスのお当番さんが

「箭野先生、給食の準備が出来ました」

「お部屋にどうぞ」

緊張の面持ちで知らせに来てくれます

始めは小さな声で体にも力が入っている様子ですが

「はい、ありがとう」

「一緒にお部屋に行きましょう」

箭野先生の優しい雰囲気と声で子どもたちの緊張は一気にほぐれます

子どもたちが箭野先生は神様ととても近い存在であると自然と感じているようです

 

部屋を覗くと

「これは何かな?」

「うん、おいしいね」

「箭野先生も食べてみるよ、一緒に食べてみる?」

 

ちょっぴり特別な食事の時間

一年かけて全てのクラスに箭野先生が来てくださいます

ドキドキの内科検診

内科検診に歯科検診

6月に入って子どもたちはちょっぴり大忙し

「みんなの体は元気かな?」

「胸の音を聞くよ」

「うんうん、元気だね」

お医者さんが子どもたちの体を丁寧に診てくださいます

 

子どもたちの後ろ姿からは緊張と不安がにじみ出ていますが、大切な機会ですから

“ドキドキするけど、ここはひと踏ん張り”

小さい子どもたちには年長児が優しく診察や着替えに寄り添います

 

そうしているうちに検診が終わり

「あれれ?もうおしまい?」

「ぜんぜん怖くなかったよ」

「幼稚園のお医者さん優しかったね」

ほっと胸を撫で下ろした子どもたちでした

 

楽しい・美味しい水遊び

先日のプール開きでは 箭野司祭と一緒に、雨の恵みに感謝し、水の事故に遭わないよう皆でお祈りをしました

今日は梅雨の中休み

太陽の日差しからパワーをもらえるかのよう

 

子ども達はプールバックを嬉しそうに持って

「今日は水遊びできるかな?」

「お水がだーいすきなんだ!」

「ずっと楽しみにしてたの♡」

期待を寄せて登園です

 

水着に着替えて待ちに待った水遊び

「ひゃー、おみず気持ちいいね」

「水鉄砲もあるよ」

それぞれにお気に入りの遊びを見つけて楽しみました

水遊びの途中には

幼稚園で収穫したスイカのおやつタイム

幼稚園の水遊びは子ども達の予想以上に楽しめた様子でした♪

 

はじめまして

いよいよ今週から

2歳児教室『いちご組』

未就園児親子サークル『ぐるんぱ』

が始まりました

ピカピカの名札をつけて気分は幼稚園のお兄さん・お姉さん

緊張から保護者と手をぎゅっとつなぐ様子もとても微笑ましい様子でした

 

手遊びやふれあい遊び、園内探険

どれも初めて尽くしでしたが

“楽しかったかな?”

“次回も元気に来てくれるかな?”

 

新しい第一歩

入園前の小さな子どもたちや保護者の皆さんが楽しい時間を過ごせるよう、幼稚園でお待ちしています

さようなら、また明日

♪ずっと遊んでいたいのに

♪帰る時間になりました

降園時間が近づくと園内に子ども達の歌声が聞こえてきます

バスで登降園する子どもたちは間もなくバスに乗り込み、家路につきます

「もうすぐバスの時間?」

「はやくママに会いたいな」

1日の幼稚園での思い出を振り返りながら、家に帰る安心感を感じられる

なかなか“良い時間”です

 

バスに乗車すると気持ちよく揺られて眠ってしまう子

一日の楽しかったことをたくさん話してくれる子

幼稚園で歌ったうたを聞かせてくれる子

それぞれに一日の思い出と共に帰っていきます

 

「さようなら」

「また明日」

明日も楽しい一日になりますように

クラス写真

延期となっていたクラス写真の撮影が行われました

みんなでたのしく

「わっ・はっ・はー」

写真屋さんも先生たちも、子どもたちのとびきりの笑顔を引き出したいと

“あの手”“この手”で笑いを誘います

あっという間に写真撮影が終わりました

「あれ?もうおしまい?」

「ザ・リ・ガ・ニ出てきたね」

「プーさんもいたね」

足取りの軽い子どもたちでした

 

 

 

 

一層おいしい

園の畑はたくさんの野菜が収穫シーズンに入りました

ツルツルのジャガイモ どんな料理に変身するのでしょうか?

中央の黄色い実はきなうり

食べるとどんな味がするのでしょうか?

甘い?酸っぱい?それともそれとも?

 

乳児クラスを覗くとちょうどおやつの時間でした

皆とっても嬉しそうな表情だったので話を聞くと

今日のおやつのジャガイモは子どもたちがつぶしたんですって

「うん、おいしい!」

「こうやってやったんだよ」

「みてみて、おいしいよ」

自分の手が加わると一層おいしく感じられますね

明日のおやつや給食はなんだろう?毎日の楽しみです