アドベント~2週~

クリスマスを前に子どもたちの優しい歌声が園内に響きます

「クリスマスが近づいてきている」

と実感する嬉しい瞬間でもあります

 

アドベント2週目を迎え、

赤色のロウソクに灯りがともりました

赤色は私たちの暮らしの中にもたくさんたくさん

ある色で、愛の印の色でもあるとの事

まさにクリスマスを彩るポインセチアの赤い花は、

神様の愛を表しているのです

 

クリスマスが一日一日と近づいてきています

イエス様がお生まれになって皆で喜ぶ日

元気にそして健康にクリスマスが迎えられますようにお祈りを続けます

 

子供は風の子 風も友だち

温かな秋ですが、

時折吹く風は冬の到来を知らせるかのような冷たい風が吹くようになってきましたね

いつも体を動かして活動している子どもたちは

冷たい風までもまるで“友だち”かのように共に遊び楽しんでいるかのようです

 

園生活が始まって様々な遊びや活動をしてきた乳児クラスの子どもたち

スコップや三輪車など扱い方もさまになってきました

力強いスコップさばきが後ろ姿からも伝わるかのよう

三輪車もこんなに楽しそうに乗れるようになりました

「デキタ!」

「オモシロイネ!」

がいっぱいの園生活です

思い出のアルバム

 年長児が卒園アルバムの撮影を行いました。

ポーズも表情もバッチリ

子どもたちにとって人生で初めての“卒園(卒業)アルバム”ですので、とても大切な思い出の一つとなる事でしょう

写真屋さんのオモシロイ質問に、

緊張もほぐれて自然な表情が浮かびます

どんな質問か気になりますよね?

例えば…

写「クリスマスプレゼントは決まったの?」

写「もしかしてミミズ?ミミズ100匹?」

子「え?そんなことないし」

そんな!?な質問についつい笑っちゃう

他にもオモシロイ質問が繰り広げられ

思い出のアルバムの1ページの準備が無事終わりました

 

アドベント~1週~

アドベント期間に入りました

アドベントは、救い主イエス・キリストのお誕生をみんなで準備して待つ4週間です

燭台に5色5本のロウソクが立てられ、これらのロウソクの色全てに意味が込められています

そして、クリスマス祝会の日には5本のロウソク全てに火が点ります

 

1週目の今日は紫色のロウソクに灯が灯りました

紫色のロウソクには悔い改め・懺悔の意が込められています

私たちに与えられた「手」のお話を箭野司祭がして下さいました

手は人に優しく温かに手を差し伸べたり、

「仲良くしましょうね」と握手をして使うのです

決して人をぶったり傷つけたりするために使うものではありませんよ

とお話を聞きました

 

 

気持ちを形に

クリスマスを前に子どもたちは“献金箱(けんきんばこ)”を作り、自宅に持ち帰ります

「分け合い」と「ありがとう」の気持ちを持って日々の時を過ごし、

「これを多くもらったから、困っている人にも分けよう」

「嬉しいな、楽しいな、ありがとう、この気持ちをあげたいな」

日々出会う気持ちや出来事を形にします

 

キリスト教保育の大切にしている

許し合うこと・分け合うこと・互いを大切にし合うこと

温かなやりとりをクリスマスを通して一層感じていきます

 

クリスマスを迎える準備

きれいに色づいた葉が

風に吹かれてひらひらと落ちる風景が見られるようになりました

 

園内では

リースを作ったり

赤ちゃんイエス様お誕生のお話に親しんだり

クリスマスをお祝いする歌を歌ったり

少しずつ準備が進んでいます

 

園内の様子が次第に変化していくことを

子どもたちは素敵な目と心でよく感じ気付いています

 

 

 

 

 

やきいもパーティー

今日はやきいもパーティー

朝から園庭で炎が上がっており、

登園した子どもたちも目を丸くして

様子を見つめています

 

朝の身支度が終わり外に出ると 早速

芋を洗って→濡らした新聞紙とアルミホイルで芋を包む→「おいしく焼けますように」と願う!

ここまでがまず大切なやきいもパーティーのお手伝いです。

 

何人もの職員が火の加減を見ていると

子どもたちから「頑張れ~」の応援の声が上がります。

園庭に散っている落ち葉を焼き芋用にほうきで集めて

運んでくれる子もおり頼もしいです

 

「そろそろいい頃かな?」

焼き上がった芋はホカホカ・あちち!

子どもたちの喜ぶ顔が浮かぶような良い出来です

さっそく焼き芋を切り分けて子どもたちの元へ

「いいにおいがするね」

「温かいね」

「おいしいからね、もう2回おかわりしたよ」

美味しそうに頬張る子どもたちでした

 

共に学び 共に嬉しい

ありがとうの日の後は希望者対象の『ひろば』

園長が保護者に向けて、

子育て・子育ち・親育ちのお喋りの場を作りました

学びあり 笑いあり 新たな発見ありの

時間でした

引き続きもも組と年少組、年長組のありがとうの日の後に『ひろば』を開催予定

乞うご期待です!

 

『ひろば』終了後職員室に戻った園長先生

ほどなくして2階から

「園長先生~」

「園長先生来てきて~」

子どもたちからお呼ばれです

 

その後、嬉しそうに職員室に戻ってきた園長先生の手には

園長先生にそっくりなお顔のクッキーが♡

優しく微笑むお顔が本当に良く似ています

あら?どちらがクッキーでどちらが本物の園長先生でしょうか?

 

 

 

 

年中 ありがとうの日

今日は大好きなお家の人が幼稚園に遊びに来て下さる~ありがとうの日~

いつも愛をもって育ててくださるお家の方へ

子どもたちから「ありがとう」をお伝えします

 

準備からとっても楽しみな行事の一つです。

 

お家の方の膝に乗ってふれあい遊びを楽しんだり、

リズム遊びを一緒に楽しんだり

笑い声がたくさん響く良い時間となりました

 

最後にはいよいよ子どもたちが作り上げた手作りクッキーのプレゼント♡

お家の方からの優しい微笑みがこぼれたり、

ギュッと抱きしめてもらったり

プレゼントをした子どもたちも

お家の方からも

“愛”を感じる瞬間でした

 

 

きょうからともだち

年長児が同じ校区内にある“高橋こども園”の子どもたちと交流会を行いました

毎年小学校就学前に互いの園を行き来し、一足早くともだちづくりをするのですが今年度はコロナの影響もあり11月に入って初めての交流でした

「はじめまして」だけど、

柳城豊田幼稚園の園内や公園で一緒に遊んだりお弁当を食べていくうちに、不思議とはじめましての気持ちも和らいで

「きょうから と・も・だ・ち」

 

最後はみんなでアーチを作って

「ばいばい、また遊ぼうね」

「ともだちだよ」