ふれあいデー(乳児つぼみ組)

乳児2歳児クラスのつぼみ組

 

好きな場所にシールやキラキラテープを貼って、牛乳パックのコマづくりに親子で挑戦

クルクルキラキラ自分のコマが回ると手を叩いて大喜び!

 

続いてはお母さんのお膝のバスに乗って出発進行!

「右に曲がります オットット」

「ガタガタ道です ひゃ~落ちそうだ」

面白くって笑いが止まらない

 

『楽しかったな また幼稚園で一緒に遊びたいな』

子どもたちの幼稚園での思い出がまた一つ増えました

ふれあいデー(乳児ふたば組)

今日は乳児クラスのふれあいデー

 

はじめは出会いに感謝して自己紹介

「アンパンマンにはまっています」

「今は何でも落としたい時期、何でも床に落とします」

名前に続いて自分のお子さんの好きなことを紹介すると「そうそう、分かる」とお家の方の共感と笑いで溢れます

 

触れ合い遊びではいつも園で親しんでいる遊びを今日はお家の方と楽しみます

「あたま かた ひざ ポン」

ね!上手にできるでしょ♪

一緒にいると安心(幼児 身体測定)

子どもたちの身体がどれだけ大きくなったかな?

元気に成長しているかな?

身体測定を行いました

 

内科検診や歯科検診と春には心臓を度々ドキドキさせてきた子どもたちですが、

今日は園内を見渡しても白いユニフォームを着た方(お医者さんや看護師さん)は見当たりません

“ほっ”子どもたちの心の声が聞こえるかのよう

 

年長の子どもたちもかいがいしく自分よりも小さな子どもたちの着替えを手伝います

互いに心の拠り所になってきた異年齢の子どもたちは

一緒に着替えをしたり測定までの待ち時間や終わってから

こんなにも楽しそうに過ごせるようになってきました

釣り名人になるかもしれない

もも組のお部屋に、

池がある

魚が泳いでる

たくさんいるぞ

釣り竿を持ってさっそく魚釣り!

 

魚が食いつきそうな場所に釣り竿をたらして

こっちかな?あっちかな?と魚が引っかかるように・・・

真剣な子どもたちは、なかなかの腕前でした。

 

 

 

 

 

お腹ぺこぺこ♪(いちご組お弁当)

 2歳児教室いちご組、スタートから1カ月が経ちました

午前中は貴重な梅雨の晴れ間に砂場や三輪車に乗って園庭で沢山遊びました

 

そのうちに「あれれ?お腹が空いてきた」

おにぎり からあげ たまごやき えだまめ

大好きなお弁当メニューが頭に浮かびます

 

いよいよ今週からはお弁当を持って登園スタート

お腹ぺこぺこになった子どもたち

 

食前の祈りをしたら「いただきま~す」

お弁当のふたを開けた時の“わぁ”と嬉しい気持ちが溢れます

お母さんの愛情たっぷりの弁当とってもおいしそう!

 

年長 体操ふれあいデー

ホールから楽しげな声が聞こえてきます

今日の体操はお家の方も一緒に参加してふれあいを楽しみます

 

お家の方が来てくれると気分上々

いつも以上にジャンプも決まるし

じゃんけんのリズムもいい感じ!

 

心から楽しむと自然と笑顔と力が湧いてくる

素敵な時間でした

 

驚きの対面

「かわいい子どもたちの声がするよ」

「栄養たっぷりもらって丸々大きくなったんだ。ぼくたちのこと見たらびっくりするかな?」

「何てお喋りしよう?おはようにする?やあ、元気にする?」

職員の自宅の畑で大きく育った野菜が子どもたちの登園を心待ちにしています

 

子どもたちの反応は、見た目にとっても驚いた様子

「おっきい!」

「目がついてる、オモシロイ!」

 

野菜たちも沢山の子どもたちが集まってびっくりしたのか、表情に表れているような気もします…

 

 

クモの巣出現(預かり保育)

 預かり保育の部屋に大きなクモの巣!?

くるくる

ころころ

ここに引っ掛けて

あっちにも引っ掛けて

オモシロイオモシロイと夢中になって糸を張り巡らせていくと

「…ん?クモの巣みたい!クモってこんな気分?」

 

あっという間に、部屋中クモの巣がいっぱいに。

引っ掛からないようにとハラハラドキドキしながらクモの巣をくぐる子も・・・

 

 

ゼリーをつくったよ(もも組)

もも組の部屋を訪ねてみると甘くてよい香りが漂っています

子どもたちもこのよい香りに包まれて何とも嬉しそう

もも組の子どもたち“ゼリーづくり”に挑戦です

 

自分でみかんやパイナップルをカップに入れて(おっとっと、myカップにフルーツを早く入れたくてスプーンから果物が飛び出しそう)、

メロン味・いちご味お好きな味のゼリーを選んでカップの中に注ぎます(メロンもいちごもどちらも人気の味、最後の最後までどちらにしようか迷います)

 

冷蔵庫で冷やしたら手作りゼリーの完成です

大切にゼリーやフルーツをすくっておいしそうに食べる子どもたちでした

 

 

恵みに感謝

 近頃暑い日が続いていますが、強い日差しも冷たい水も、爽やかな風も全て大切なお恵みです

 

神さまがこんなにも素敵な恵みをくださいました

何て背の高い大きな花でしょう

「手が届きそうで、届かない」

「僕たちよりもずっと背が大きいな、もしかして先生よりも大きいかも知れない」

「新たな発見!お花を下から見るとこんな形なんだね、オモシロイ!」

 

春に植えたキュウリの苗が自然の恵みと、日々のお世話が身を結び立派な実をつけました

「わぁ~、きゅうりができた」

「みんなで食べよう、はいどうぞ!」

自然の恵みに感謝していただきます